« 初レバンガと稲葉篤紀 | トップページ | 献血のススメ »

2012年1月25日 (水)

ダルの会見、切ない…

昨日のダルビッシュの退団会見。自らの言葉でメジャー移籍を決意した理由を語ってくれました。ベンチから会見に向かう表情にはスッキリしたものもうかがえた。

札幌ドームの会見に先立ち、テキサスでレンジャーズとの入団会見…なにか夢を叶えてメジャーリーガーになった…という風には見えなかった。その理由もはっきりしました。

ダルビッシュ自身は何も変わってはいなかった(その肉体の風格は大きく進化したけれど)。日本球界という器にダルビッシュが収まりきらなくなってしまったのだ。
メディアも球団も、そしてファンもダルビッシュはいつかメジャーに行ってしまう…そう言いつづけた。オフになれば今年こそメジャーへ移籍するだろうと…。そういった風潮に終止符を打ちたくなったのかもしれない。あるいは、ポスティング申請をした上で決裂したなら、海外FA取得まで堂々とファイターズにいられる…そう思っていたのかもしれない。

思えば、ここ数年ダルビッシュとのエース対決というのはあまり見られなくなっていましたね。カード勝ち越しという戦略上やむを得ないと感じて観ていましたが、やっぱりファンとしても痺れるような投手戦が観れないもやもやは確かにあった。相手バッターも、決して戦う前から逃げていた訳では無いだろうし、賛辞を送るつもりで称えていたんだと思う。それでもだんだん、向かってくる姿勢を感じられなくなってしまったのかもね。それに球界重鎮が沢村賞受賞投手にマウンドで吼えるのは下品だなんて程度の低い小言言うしね。

前に、日本球界がメジャーの下部組織になってしまうのは寂しいと言いました。その気持ちは変わらないけど、ダルビッシュが望むような熱い勝負が出来なくなりつつあったことは確かだろう。そう思うと受け皿としての日本球界の限界だったのかもしれない。そんな日本球界も、舞台を変えようと思ったダルビッシュの思いも考えるとなんか切ないね…。

そんなダルビッシュに言えることは、メジャーでは存分に熱い勝負を楽しんで欲しい。ダルビッシュが宣言したように、世界一のピッチャーと言われるように応援し続けるから…

さて、ダルビッシュ移籍金の使い道…なにも焦って使うことは無い。ダルビッシュがメジャーでやりきって、舞台を日本に移してもいいと思ったときの移籍金と思えばいい。
ファイターズ、忘れるな!ダルも帰ってくるならファイターズが第一候補だと言ってるんだぞ!

まぁ、行った早々帰ってこいなんて言わないけどね。

しかし、栗山監督が一度メンバー表にダルビッシュの名前を書きたかったと言うのは本音でしょうねcoldsweats01。就任早々絶対的エースが抜けるのは切ないもんね。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

ダルビッシュは行ってしまいましたが、私は今シーズンも変わらず熱烈応援しますよ~。栗山監督と共に熱く、熱く…ね。

そうそう、今日函館遠征の宿を確保しました。この時期の函館寒いけどやっぱりサイコー、昨年の遠征ですっかり虜になりました。楽しみですhappy01

« 初レバンガと稲葉篤紀 | トップページ | 献血のススメ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567768/53824075

この記事へのトラックバック一覧です: ダルの会見、切ない…:

« 初レバンガと稲葉篤紀 | トップページ | 献血のススメ »

フォト

他のアカウント

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ