« ホーム最終戦を終えて… | トップページ | たまにセ・リーグについて語ってみるか。 »

2011年10月20日 (木)

終わったと思ったら…

ホーム最終戦翌日、半休を取りもう一つの戦いCSチケット争奪戦に参戦してました。嫁と携帯2台とPC使って、家族分と仲間の分のチケットも無事確保happy02。すべてレフトとはいかなかったけど、希望の外野を買うことが出来ました。やっぱり、値段もさる事ながら外野が好き。
今日、すべてのチケットを札幌ドームで発券してきました。平日は、総合案内所が5時、発券機も6時で終了してしまうので、発券予定の方はご注意を…(ドームの駐車場はイベント無い日なら発券したチケット見せれば無料になりますよ)。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて、前回ブログ更新したとき、後任監督もダルの件もポストシーズン終えてから…なんて行っていた矢先に新聞の1面でしたねぇ…gawk

あの時点で一切後任監督の話題が報じられることは無かったので、ある意味球団側で抑えていたんでしょうね…でも、それもホーム最終戦を終えるまでが限界だったようで…。
報道する側もそれがお仕事ですから、他社に先駆けた話題で部数を稼ぎたいのも事実でしょう(実際、新聞買ってしまった)。
しかし、どうせ抑えが効かないならホーム最終戦、あるいはレギュラーシーズンを終えた段階で発表に踏み切ってくれても良かったなぁと思うんですよね。

坪井さんが戦力外を知ったのも球団からより先にニュースで知ったとブログで語ってました。今回の後任監督(ほぼ)内定の報道も、現場では球団からより先にニュースで知るところとなってしまいます。どうせ知ることになるなら、球団から正式に発表して欲しいよね。

もちろんシーズンがすべて終わってからというのが理想ではあるんですが、それは報道も抑えが効いていればこそなんですよね。

まぁ、この報道で一つ良かったことがあるとすれば、コーチ陣がほぼ留任であるということ。少なくとも、今シーズン残りを戦う上ではコーチ陣も安心して仕事に専念出来ます。
やっぱり人間ですからねぇ。いくら今球団との契約が残っているとはいえ、自分の進退が定まってないとモチベーションも上がらないですよ。ヒルマン退任時はシーズン最後まで戦い抜いた挙句に解雇され、行き先も無いなんてゴタゴタもありましたから…(大半のチームが組閣を終えてる時期ですからね)。

本来、監督変われば自分が指揮を執りやすいように腹心を配するもんです。でも、監督初就任の栗山氏にそういった人脈があるかどうかわかりませんしね。

指導者経験の無い人物を最高指揮官に抜擢すること…、リスクが高いことは間違いない。でも、逆に変なしがらみが無い分、期待感もある。栗山氏に白羽の矢が立った要因の一つに、親会社が食品を扱うメーカーであり、爽やかなイメージがピッタリだということも伝えられている。

栗山氏が爽やかなイメージだけで終わらず、名将が誕生する瞬間を見られるよう祈ります。チームのためにも、ファンのためにもね。

ファイターズは、指導者経験の無い監督を迎えたとしても、「現場も知らないでいきなり出来るもんか」と構える事は無いと思います。「よし、若い監督を盛り立てていこうじゃないか」そういういい方向に向かうと信じます。

栗山氏は病気のため29歳という若さで現役を退きましたが、現役時代はゴールデングラブを獲得したり、犠打の記録も持っていると聞きます。自身のプレイスタイルとファイターズのスタイルは合致すると思うんですよね。まぁ、自身のプレイと目指す野球感が同じとは限らないのでなんとも言えないところですが…。
でも、栗山氏がどんな野球を目指して、どんなチームをつくっていきたいのか興味もありますし楽しみでもありますhappy01

まぁ、正式発表の無い状態で先走っても仕方ないんですけどね。でも、後任監督人事に関しては結構信憑性が高いと、自分は思っています。
少なくとも、梨田監督の退任報道と共に後任として名前の上がっていた栗山氏。ほぼ、報知が得ていた初期情報と合致しますね。かなり、深い部分まで取材が入り込んでいたんだなぁ。この時点での梨田監督退任は、球団が契約を更新する意向が無いと伝えられてましたね。

結局、公式発表されたことがすべてということになるんですけど、監督が今期限りと言った退任の意向もあるいは球団から要請されて…?なんて思わないでもないです。
あるいは、水面下で阪神との交渉が進んでいたのではなんて可能性も浮かんできたりもします。まぁ、想像のお話ですけどねcoldsweats01

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて、監督問題の先走った報道は的を得ていましたが、逆に信用性が低いのがダルビッシュのメジャー挑戦報道。

毎年のことではありますが、オーナー側からダルビッシュが望むなら希望を叶えたいなんて報じられる(来期も戦力として考えているがと前置きされてはいたが…)。
これも、本人に直接ではなくメディア経由で伝えられる訳ですよね。先月のことです。

こういうのを聞くと、球団はダルビッシュをメージャーに売りたいのかな?って、ファンは思う訳ですよ(あるいはダルビッシュ本人も)。
少なくとも、ダルビッシュがメジャーへの憧れを語っているのを聞いたことが無い。むしろ、皆がメジャーメジャー言うのに反発するがごとき発言の方なら聞いたことがある。

育成とスカウティングで戦い、去るもの追わずの方針はいいんですよ。でも、本人が口にしてもいないことに関して、誘導していくがごとき言動はあまり好ましくないよなぁ。ダルビッシュが選ぶ選択肢をどんどん狭めていってるようで…。だから、交渉の席で「僕を追い出したいんですか?」なんていう言葉も出てくるんだよね。

それでも、今期最終戦を終えた翌日には、オーナーがダルビッシュが残留してくれるなら10億出してもいいなんて伝えられた。あまり金銭に執着があるとは思えないダルビッシュでも球団が戦力として必要だから、来期もプレイして欲しいと誠意を見せてくれたことに、ファンも少し胸を撫で下ろすhappy01

しかし、一転翌日には「ダルビッシュメジャー挑戦を決意!」と、バーンと出る訳ですよ…gawk
まぁ、これはツイッター上ですぐに本人から根拠の無い話であると伝えられました。夕方にはブログのほうにもね。結構、報道に対して辛口のコメントではあります。でも、嫌味の一つも言ってやりたくなるよなぁpout

ただ、毎年の騒ぎにうんざりしているのもうかがえる。メジャーに行ってしまえばそんなわずわらしさからも解放されるなんて結論に達しないことを祈ります。

少なくとも、ダルビッシュに関してはツイッターかブログで本人が言わない限りは信じない。それが、精神衛生上良いと思いますcoldsweats01。いちいち反応してたら身がもたんわ…。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

ダルビッシュオフィシャルブログ「メジャー報道」
↓ ↓ ↓
http://ameblo.jp/darvish-yu-blog/entry-11052556623.html

« ホーム最終戦を終えて… | トップページ | たまにセ・リーグについて語ってみるか。 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

栗山さんって、申し訳ないけれど私は「解説」があまり好きでは無いんです(^^;
けれど、多分、本決まりなのでしょうから、監督となったら応援します~。
ダル君の話は、毎年でますよね、そういう報道している人は、ダルさんが日本球界に
いなくてもいいと思っているのかな?とか感じてしまいます。
本人の意思はわかりませんが・・・・
ダルさんは前に言ってましたよね
「誰もがアメリカを目指して野球していたら、日本の子供たちに夢を与えることはできないから
自分は日本でプレーしたい」みたいなこと。
今は気持ちが変化しているかもしれないし
もし、変化していても、応援する気持ちはあるけど
ある意味、男気をもった発言に見えて、若いのにすごいな~と
思ったものでした。
報道の自由はあるけれど、言いっぱなしではいけない気がします。
発言は責任をもってするべきだし、まして、影響力のある人はなおさらだと思う。
間違いは素直に詫びるべきだし・・・・何だかこの世の中の流れを子供たちは見ていて
「自由」って意味を間違えて覚えてしまいそうで、少し怖いです。

しぃさん、いつもありがとうございます。
CSを前に先走った内容でしたが、お付き合い頂きありがとうございます。

自分自身、ダルビッシュのコメント見ながら、メディアから得ている情報の多さも感じてました。
ブログ内でも、自分で見聞きしたことだけでなくメディアから得た情報を引用することもありますからね。
発信する側の責任はもちろんですが、受け取る側の取捨選択の自由も磨かないといけないなと。

子供にも教えていく責任あるよな~なんて思ってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567768/53041676

この記事へのトラックバック一覧です: 終わったと思ったら…:

« ホーム最終戦を終えて… | トップページ | たまにセ・リーグについて語ってみるか。 »

フォト

他のアカウント

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ