« 痛快o(`▽´)oハムのドラフト戦略と「稲葉ジャンプ」再開へ! | トップページ | ファイターズ、シーズン終了お疲れ様でした »

2011年10月30日 (日)

クライマックスシリーズ開幕

待ちに待ったクライマックスシリーズの開幕。セ・パ同時開幕となりましたね。今、ヤクルトと巨人の試合を見終えたところです。ポストシーズンゲームに相応しい熱戦でした…私も久しぶりにヤクルトの応援しましたcoldsweats01

先制を許したヤクルトでしたが、先発館山が粘って1失点。ロングリリーフの村中が9回ツーアウトで代打大村(サブロー)にソロアーチを許すまで投げ、守護神林昌勇が1球で仕留めて勝利!。ヒーローは村中と決勝の犠飛を放った宮本でした。

DHの無いセ・リーグはやっぱり継投のタイミングも打つ手が早いですね。それに、先発ローテ投手をガンガンつぎ込んでくる。短期決戦とはいえ、パ・リーグとは違うとこですね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

試合前に、FFFFFの年末「FFFFF大賞」のアンケートを聞かれた。結構、ドームに足運んでるけど初めてだったな。年末の放送が楽しみですhappy02

さて、今日ブログのアクセスチェックをしていたら、過去の「稲葉ジャンプ自粛に思う」の記事に2時~3時の間にもの凄くアクセスがありました。ちょうど試合が始まり、稲葉ジャンプが解禁になった直後の時間帯ですね。
そして、この時間帯にツイッターでも「稲葉ジャンプ」がHOTワードに…B’zの稲葉と勘違いしてた人もいたみたいで…happy02。どちらにしても面白い現象でした。

そう、ついに「稲葉ジャンプ」が解禁されたんですhappy02。前日の稲葉選手のブログにも、再開を知って楽しみにしている稲葉選手のコメントも出ていました。試合前には、スタジアムDJのグッチーさんからも、稲葉ジャンプが再開されますってアナウンスがあったので、内野の方までスムーズに稲葉ジャンプが行われてましたね。解禁されても、チャンスで打席に回らなければ出来ないよなぁ…なんて心配をよそに初回からチャンスに稲葉、そして、ジャンプ直後にタイムリーですよ。もう、カッコよすぎ…。そして、いいですね。こうやって、我慢することなく応援出来るって。試合をふり返ります…。

先発はダルビッシュ、涌井の両エース。立ち上がりのダルビッシュ、珍しくマウンド上で大きく伸びをしたり緊張の様子。1番栗山、2番原と2人ともフルカウントに…それでも、3人目の中島は完璧な内容で打ち取った。このイニングすべてサードゴロ。

攻撃は、そう1番に田中賢介が帰ってきました。グッチーさんのコールにも力がこもっていたし、もちろん我々の「賢介コール」も凄かったですよhappy01。その賢介、しっかりと四球を選び出塁。すかさず陽岱鋼が送りバントを試みるが、追い込まれヒッティングに切り替えるも三振とちょっと嫌な流れになるかなと思った矢先。糸井が三遊間を破るレフト前ヒット、4番小谷野も続き、センター前へタイムリーを放ち先制♪。そして、前述の稲葉ですよ。Queenが流れゆっくりと打席に入る稲葉、稲葉ジャンプのコールに沸きあがるスタンド、満員の札幌ドームで稲葉ジャンプ復活の瞬間でした。決定力不足に泣いた終盤戦、でもこの3連打は凄かったなぁ。中田翔にも続いて欲しかったが、ここは併殺。それでも、ダルビッシュに2点の先制点をプレゼント出来て上々の立ち上がり。

そのダルビッシュ、5回にフェルナンデスに初ヒットを許すまでパーフェクトピッチング。7回を101球4安打1失点の無四球ピッチングでした。

打線は2回以降立ち直った涌井を攻め立てる。しかし、4回、5回と先頭を出しながらもしのがれた。最大の追加点のチャンスは6回。先頭糸井がヒットで出塁、そして、小谷野が猛打賞となるライトフェンス直撃のヒット。しかし、打球が早かったせいか長打にはならず。それでもノーアウト1,3塁の大チャンス!。ここで、涌井を引きずりおろし2番手グラマンにスイッチ。稲葉ジャンプからのチキバンとスタンドも大盛り上がりhappy02。もう1,2点、それどころかビッグイニングになりそうな展開であったが、ここをしのがれてしまった…coldsweats02

まず、稲葉の放った打球はライナー気味でショートへ。判断の難しい打球であったにせよ、糸井は三本間で挟まれてしまった。ここでの選択肢として、飛び出して挟まれるというのも悪い判断では無い。もちろんゴロGOでいけるタイミングなら、1塁ランナー小谷野と打者稲葉が併殺になってもいい…追加点が取れるならね。でも、タイミング的に無理なら挟殺プレイ間にランナーの進塁を促すべく粘らなければならない。最低でもワンアウト1,3塁、可能ならワンアウト2,3塁にもっていきたかったところだ。しかし、粘りたくても粘れなかったのかもしれないな…あとで途中交代しているように足の状態がやっぱりあまり良くないのだろう。そもそも、糸井の足なら最初の栄ちゃんのフェンス直撃でホームに帰ってきていてもおかしくなかった。ちょっとツキも無かったな…。

その直後、チャンスの後にピンチでダルビッシュが1点を失う。8回は増井が苦しみながらもワンアウト1,2塁のピンチを栗山を併殺に打ち取りしのいだ。そして、9回のマウンドには守護神武田久。

なんとか逃げ切れたなと思ったが、ツーアウトから同点を許してしまった…。前にファイターズTVでライオンズ戦ではフェルナンデスによく打たれているといっていたが、まさにフェルナンデスを抑え切れなかった…sad。試合は延長戦に入り、11回にマウンドに上がった榊原が四球とツーベースでノーアウト2,3塁のピンチに中村敬遠の満塁策。そして、またフェルナンデスですよ。おまけに、杉谷からの返球が逸れる間に進塁を許し、それが更なる失点を生んでしまった。

ファイターズは初戦をエースダルビッシュに託したが、痛い黒星スタートで相手にリーチをかけられてしまった…。チャンスでもう1,2点取れていたら…そんな試合展開でした。言ってみればシーズンを象徴するような試合…。

今日のFFFFFの放送で、クライマックスに向けてのマック…金子誠のコメントがあった。難しいけどと前置きしながらも「普段どおりの野球をすること」そして、「短期決戦はノリ」であると…。
「ノリ」という面では、初回から賢介が出塁し、4番小谷野のタイムリーと稲葉も稲葉ジャンプ復活に花を添えるタイムリーとまさにのっていける要素があった。
しかし、陽と賢介の送りバント失敗。併殺、そして守備の乱れと「ファイターズらしさ」を出し切れずに逆転を許してしまった感じです。なかなか普段どおりの力を出すってのは難しいですね。

相手より大きなミスをした方が負ける…それは、セ・リーグの方も同様でしたね。決勝点はエラーで出塁したランナーからでしたから…。

ダルビッシュの降板ですが、これはもう予定通りだったのでしょう、きっちり100球。ダルビッシュを今後中4日で最大5試合投げてもらう予定なんですから…。確かに、短期決戦負けたら終わりです。あとの予定より今日の試合を勝つことなんですが、ここはファイターズも勝負に出たってことですからね。日本シーリーズまで戦い抜くことを前提に戦っているわけですから…。それに、9回にリードして武田久につないだんだもの、それで負けたら仕方ないよ。今日のところは相手が1枚上だったってことです。

さぁ、もう負けられない…負けたら終わりのファイターズです。明日こそ勝ちましょう!
個人的には、仕事で月曜日の観戦が難しい(チケットは持ってるけど…)。2日間で決めてもらうつもりだったんですけどねcoldsweats01。今は勝ち抜いてくれればそれでいい。まだ、まだファイターズのシーズンを見ていたいです。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

« 痛快o(`▽´)oハムのドラフト戦略と「稲葉ジャンプ」再開へ! | トップページ | ファイターズ、シーズン終了お疲れ様でした »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567768/53115273

この記事へのトラックバック一覧です: クライマックスシリーズ開幕:

« 痛快o(`▽´)oハムのドラフト戦略と「稲葉ジャンプ」再開へ! | トップページ | ファイターズ、シーズン終了お疲れ様でした »

フォト

他のアカウント

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ