« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

梨田監督、4年間ありがとうございました

梨田監督、4年間お疲れ様でした。本当にありがとうございます。

昨日はこの言葉が言えなかった。退任会見を穏やかな表情で迎えた梨田さんを見て、終わったんだなと実感しました。

采配や起用での批判もありましたが、私は選手を大切にしてくれた梨田さんが好きでした。昨日の試合後も、選手たちに向けて少しでも長くユニフォームを着ていられるよう、チームに必要とされる選手になって欲しいと言ってましたね。

4年間ってあっという間ですね。私がファイターズファンになって5年半、そのほとんどを梨田ファイターズを見て過ごして来たことになります。どのシーズンも思い出深いけど、やっぱりインフルエンザショックを乗り越えて優勝したことが嬉しかったです。

勇退と言っても、まだお若い梨田さんですからこれからもなんらかの形で球界に貢献されていくこととなると思います。これからの前途も明るくありますように…。もっとも、敵に回ったときは容赦はしませんけどね(笑)。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今朝ニュースを見て、ファイターズのシーズンが終わったことをあらためて思い知らされました。やっぱり、寂しいとも悔しいともつかないなんとも空虚な感覚でした。

解説者やジャーナリストがしたり顔で、ファイターズの敗因を語るのを悔しい思いで聞いていました。なにをファイターズの事もろくに知らないくせに…と思う反面、反論できない事実もそこにあるし…。敗れ去った身としては、我慢するしか無いですね。おそらくそれも、ファイナルステージが始まるまでの辛抱でしょう。それはそれで、寂しい事実ではありますけどね。

それを癒してくれたのはツイッターでした。昼休みになにげなく言葉を交わしているうちに、フォロワーの皆さんが本当に野球が好きで、ファイターズが好きなんだなと思うと嬉しくなってきて、気持ちが楽になりました。ファイターズ仲間というのはいいもんですね。

周りにファイターズのことを話す相手がいない方は、是非ツイッターでハッシュタグ #lovefighters をつけてつぶやいてみて下さい。きっと、気の合う仲間が見つかるはずです。もちろん私でもオッケーです。大歓迎しますよhappy02

明日にはファイターズの助っ人達も帰国です。それに先立ち、ケッペルとウルフは残留交渉がまとまったようですねhappy02。2人とも大好きな選手なのでとても嬉しいです。2年契約のホフパワーも残留の方向となりそうです。昨日のアーチが、来期の飛躍につながってくれると信じます。スケさんは…残念ながら契約更新しないようですね。

昼にもつぶやきましたが、横浜と来期契約を結ばないスレッジ…彼も日本でのプレイを望んでいるようだし、条件面が合えば是非再獲得して欲しいです。ファイターズを去ったのも、ベイの方が条件が良かったに他ならない…代理人も好条件の契約を結ぶことが仕事なので仕方なかったと思います。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて、CS1stステージ…セ・リーグもヤクルトがファイナル行きを勝ち取りましたhappy02。おめでとうスワローズ。初戦に先発した館山がブルペンで投げてる姿に熱いものを感じました。ベテランの宮本もよくチームを牽引してましたね。

ファイナルステージもスワローズを応援するという楽しみが残りました。頑張れ!スワローズ!!

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

2011年10月30日 (日)

ファイターズ、シーズン終了お疲れ様でした

CS短期決戦、先手を取られ後が無くなったファイターズ。息詰まるような競り合いの中、最後は力尽きました。シーズンを象徴するような試合だったと言えるかもしれません。
シーズン通しても首位争いを繰り広げた前半戦、9月からの大ブレーキとなった終盤戦…その縮図のようです。

試合終了後はなんとも言えない脱力感でした。この2日間全力で応援出来たことは満足しています。でも、なんか戦い足りないよねcoldsweats01。そんな不完全燃焼感が脱力感にも繋がったのかな。

なにはともあれ、今シーズンもありがとうファイターズ!

今年は3月11日に大震災に見舞われ、甚大な被害と犠牲者が出ました。そんな中でのプロ野球開幕でした。今年もプロ野球を見て一喜一憂出来たことって幸せだなと思います。
プロ野球を通して、募金活動であったりチャリティーに参加出来るきっかけをつくってくれたことはファンとしても感謝しています。

それと、ブログやツイッターを通じて交流してくださった皆さん、本当にありがとうございました。あらたな出会いもあり、ファイターズを通じた交流の場が広がったことを嬉しく思っています。もちろん、コメントや交流無くても見てくださっていたすべての皆さんに感謝してます。

えー、こんなことを言うと最終回みたいですが、明日以降も続けて行きますよcoldsweats01
当面は、ストーブリーグやシーズン回顧など話題には事欠かないとは思いますが、ファイターズ関連の発信は減るかもしれません。それでもお付き合いいただければ幸いです。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

クライマックスシリーズ開幕

待ちに待ったクライマックスシリーズの開幕。セ・パ同時開幕となりましたね。今、ヤクルトと巨人の試合を見終えたところです。ポストシーズンゲームに相応しい熱戦でした…私も久しぶりにヤクルトの応援しましたcoldsweats01

先制を許したヤクルトでしたが、先発館山が粘って1失点。ロングリリーフの村中が9回ツーアウトで代打大村(サブロー)にソロアーチを許すまで投げ、守護神林昌勇が1球で仕留めて勝利!。ヒーローは村中と決勝の犠飛を放った宮本でした。

DHの無いセ・リーグはやっぱり継投のタイミングも打つ手が早いですね。それに、先発ローテ投手をガンガンつぎ込んでくる。短期決戦とはいえ、パ・リーグとは違うとこですね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

試合前に、FFFFFの年末「FFFFF大賞」のアンケートを聞かれた。結構、ドームに足運んでるけど初めてだったな。年末の放送が楽しみですhappy02

さて、今日ブログのアクセスチェックをしていたら、過去の「稲葉ジャンプ自粛に思う」の記事に2時~3時の間にもの凄くアクセスがありました。ちょうど試合が始まり、稲葉ジャンプが解禁になった直後の時間帯ですね。
そして、この時間帯にツイッターでも「稲葉ジャンプ」がHOTワードに…B’zの稲葉と勘違いしてた人もいたみたいで…happy02。どちらにしても面白い現象でした。

そう、ついに「稲葉ジャンプ」が解禁されたんですhappy02。前日の稲葉選手のブログにも、再開を知って楽しみにしている稲葉選手のコメントも出ていました。試合前には、スタジアムDJのグッチーさんからも、稲葉ジャンプが再開されますってアナウンスがあったので、内野の方までスムーズに稲葉ジャンプが行われてましたね。解禁されても、チャンスで打席に回らなければ出来ないよなぁ…なんて心配をよそに初回からチャンスに稲葉、そして、ジャンプ直後にタイムリーですよ。もう、カッコよすぎ…。そして、いいですね。こうやって、我慢することなく応援出来るって。試合をふり返ります…。

先発はダルビッシュ、涌井の両エース。立ち上がりのダルビッシュ、珍しくマウンド上で大きく伸びをしたり緊張の様子。1番栗山、2番原と2人ともフルカウントに…それでも、3人目の中島は完璧な内容で打ち取った。このイニングすべてサードゴロ。

攻撃は、そう1番に田中賢介が帰ってきました。グッチーさんのコールにも力がこもっていたし、もちろん我々の「賢介コール」も凄かったですよhappy01。その賢介、しっかりと四球を選び出塁。すかさず陽岱鋼が送りバントを試みるが、追い込まれヒッティングに切り替えるも三振とちょっと嫌な流れになるかなと思った矢先。糸井が三遊間を破るレフト前ヒット、4番小谷野も続き、センター前へタイムリーを放ち先制♪。そして、前述の稲葉ですよ。Queenが流れゆっくりと打席に入る稲葉、稲葉ジャンプのコールに沸きあがるスタンド、満員の札幌ドームで稲葉ジャンプ復活の瞬間でした。決定力不足に泣いた終盤戦、でもこの3連打は凄かったなぁ。中田翔にも続いて欲しかったが、ここは併殺。それでも、ダルビッシュに2点の先制点をプレゼント出来て上々の立ち上がり。

そのダルビッシュ、5回にフェルナンデスに初ヒットを許すまでパーフェクトピッチング。7回を101球4安打1失点の無四球ピッチングでした。

打線は2回以降立ち直った涌井を攻め立てる。しかし、4回、5回と先頭を出しながらもしのがれた。最大の追加点のチャンスは6回。先頭糸井がヒットで出塁、そして、小谷野が猛打賞となるライトフェンス直撃のヒット。しかし、打球が早かったせいか長打にはならず。それでもノーアウト1,3塁の大チャンス!。ここで、涌井を引きずりおろし2番手グラマンにスイッチ。稲葉ジャンプからのチキバンとスタンドも大盛り上がりhappy02。もう1,2点、それどころかビッグイニングになりそうな展開であったが、ここをしのがれてしまった…coldsweats02

まず、稲葉の放った打球はライナー気味でショートへ。判断の難しい打球であったにせよ、糸井は三本間で挟まれてしまった。ここでの選択肢として、飛び出して挟まれるというのも悪い判断では無い。もちろんゴロGOでいけるタイミングなら、1塁ランナー小谷野と打者稲葉が併殺になってもいい…追加点が取れるならね。でも、タイミング的に無理なら挟殺プレイ間にランナーの進塁を促すべく粘らなければならない。最低でもワンアウト1,3塁、可能ならワンアウト2,3塁にもっていきたかったところだ。しかし、粘りたくても粘れなかったのかもしれないな…あとで途中交代しているように足の状態がやっぱりあまり良くないのだろう。そもそも、糸井の足なら最初の栄ちゃんのフェンス直撃でホームに帰ってきていてもおかしくなかった。ちょっとツキも無かったな…。

その直後、チャンスの後にピンチでダルビッシュが1点を失う。8回は増井が苦しみながらもワンアウト1,2塁のピンチを栗山を併殺に打ち取りしのいだ。そして、9回のマウンドには守護神武田久。

なんとか逃げ切れたなと思ったが、ツーアウトから同点を許してしまった…。前にファイターズTVでライオンズ戦ではフェルナンデスによく打たれているといっていたが、まさにフェルナンデスを抑え切れなかった…sad。試合は延長戦に入り、11回にマウンドに上がった榊原が四球とツーベースでノーアウト2,3塁のピンチに中村敬遠の満塁策。そして、またフェルナンデスですよ。おまけに、杉谷からの返球が逸れる間に進塁を許し、それが更なる失点を生んでしまった。

ファイターズは初戦をエースダルビッシュに託したが、痛い黒星スタートで相手にリーチをかけられてしまった…。チャンスでもう1,2点取れていたら…そんな試合展開でした。言ってみればシーズンを象徴するような試合…。

今日のFFFFFの放送で、クライマックスに向けてのマック…金子誠のコメントがあった。難しいけどと前置きしながらも「普段どおりの野球をすること」そして、「短期決戦はノリ」であると…。
「ノリ」という面では、初回から賢介が出塁し、4番小谷野のタイムリーと稲葉も稲葉ジャンプ復活に花を添えるタイムリーとまさにのっていける要素があった。
しかし、陽と賢介の送りバント失敗。併殺、そして守備の乱れと「ファイターズらしさ」を出し切れずに逆転を許してしまった感じです。なかなか普段どおりの力を出すってのは難しいですね。

相手より大きなミスをした方が負ける…それは、セ・リーグの方も同様でしたね。決勝点はエラーで出塁したランナーからでしたから…。

ダルビッシュの降板ですが、これはもう予定通りだったのでしょう、きっちり100球。ダルビッシュを今後中4日で最大5試合投げてもらう予定なんですから…。確かに、短期決戦負けたら終わりです。あとの予定より今日の試合を勝つことなんですが、ここはファイターズも勝負に出たってことですからね。日本シーリーズまで戦い抜くことを前提に戦っているわけですから…。それに、9回にリードして武田久につないだんだもの、それで負けたら仕方ないよ。今日のところは相手が1枚上だったってことです。

さぁ、もう負けられない…負けたら終わりのファイターズです。明日こそ勝ちましょう!
個人的には、仕事で月曜日の観戦が難しい(チケットは持ってるけど…)。2日間で決めてもらうつもりだったんですけどねcoldsweats01。今は勝ち抜いてくれればそれでいい。まだ、まだファイターズのシーズンを見ていたいです。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

2011年10月27日 (木)

痛快o(`▽´)oハムのドラフト戦略と「稲葉ジャンプ」再開へ!

ファイターズ、ゴッドハンド継承happy02

昨年までゴッドハンドと呼ばれた藤井元球団社長でしたが、この鬼ヅモぶりは津田球団社長にも引き継がれましたね。FA市場には消極的なファイターズですが、ドラフトはイケイケです(笑)。

なにより巨人の1本釣り濃厚と言われていた、東海大の菅野投手を強行指名した勇気と交渉権を引き当てた強運にしてやったりという気分でしたhappy02
ドラフトという制度でありながら、有力選手が3年連続単独指名というのはやはりおかしい。もちろん、長野選手は日ハムとロッテの入団を断った経緯があり、昨年の澤村投手は他に有力選手が目白押しの中、あえて相思相愛に割って入り交渉権をムダにするリスクを回避したもの…、でも、いくら原監督の甥とは言え今年のビッグスリーの一角が競合なしで決まってしまうのもねぇ。

まぁ、菅野くんにしてみれば叔父の原さんに憧れて野球を続けてきたんでしょうから、原さんの下でプレイしたい気持ちは強かったでしょうが…。そういった面では気の毒ではあります。
でも、ファイターズも育成とスカウティングをメインに戦うチームですから、強気のドラフト戦略は今に始まったことでは無いですからね。1位指名の交渉権を棒に振るリスクも覚悟の上で菅野くんの実力を評価した訳で…理解してもらえるといいんですが。

ここ最近では、須永、陽、長野と強行指名してきた訳ですが、まぁ五分五分ですかね。個人的にはダルビッシュが残留表明してくれれば菅野くんにとってもより魅力的な環境になるし、ファンにとってもありがたい展開なんですがね。

菅野くんが入団を決意してくれたなら、ユニフォームつくって応援しますよ。まぁ、ダメだったら縁が無かったと諦めます。ファイターズを侮辱するようなコメントさえ無ければ恨みもしませんよ。

今回ファイターズは7順目まで指名しましたね。7順目の大嶋捕手はソフトボール出身というのは面白みを感じますね。みんなうまく交渉がまとまってくれればいいのですが…。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて、ドラフトとは別にファンにとってもビッグニュース。そう、ついに…

\稲葉ジャンプ復活/ですhappy02

応援団「闘将会」から正式に発表となりました。

春からずっと待ち続けていた稲葉ジャンプの復活…。地震を連想させるなんて汚名もおさらばです。実戦で、Queenが流れ稲葉ジャンプが始まったら…鳥肌と同時に泣けてきそうです。

なにか、賢介の復活とかドラフトとか稲葉ジャンプも、ファイターズファンにとってなにより活気付くような状態でクライマックスシリーズを迎えられることを嬉しく思います。

勝ち上がりましょう、最後まで。梨田さん、簡単に解放しないから覚悟を!(笑)

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

闘将会からのお知らせ
↓ ↓ ↓
http://sapporo.ninja-x.jp/

2011年10月23日 (日)

シャア専用3DS…予約しちゃった(^^)v

Ggen3ds_2今日見ていた機動戦士ガンダムAGE…放送中のCMで、「SDガンダム Gジェネレーション3G」というニンテンドー3DSソフトを見た。何気な~く見ていたら、本体同梱版も発売されるというじゃないですかcoldsweats02

早速調べてみたら、ジオンのマークにシャアのシルエット(3作品に渡るシャアのシルエットらしい)。
いいじゃないですかぁhappy02。こりゃ買いだなと思い、予約情報を調べると既に予約が開始されとる…wobbly

実は先日、モンスターハンター3Gの3DS本体同梱版の予約に出遅れ断念したばかり…。

ネットはほぼ予約受付終了していて、出てくるのはオークション出品ばかり…sad
ダメもとで札幌市内の店舗回りしようかなと思い出かけた先で、電話確認していたビックカメラ札幌店から電話が…正直あまり期待していなかったのだが、なんとまだ受付中というじゃないですかhappy02。今日ならまだ大丈夫だけど、いつ打ち切りになるかわからないということだったので閉店前に滑り込みで予約完了!

ビッグカメラ札幌店はまだ予約受け付けてます!!(10/23現在)

ゲーム、本体共に12/22発売。まぁ、ゲームそのものよりも本体目当て…coldsweats01
うちには今、嫁専用の3DSが1台あります(値下げ前に買ったヤツだよ…sad
モンハン発売に合わせてもう1台買おうとは思っていたんだよね。まぁ、モンハンの発売日が12/10なんで2週間くらい後になるけどいいや。その間は嫁の使お。

Monsterhunter3g3ちなみに、予約しそこねたモンハンの同梱版はこっち。
正直、デザイン的にはイマイチだなと思いつつもどうせ買うなら限定版かなと思って探していたんだけど…結果的には、こっち予約出来てなくて良かったかも…coldsweats01。そういうことにしておこう。

しかしねぇ…、人気のあるものをなんで限定にしちゃうのかね?。プレミアつけたってメーカーにはなんの得も無いのにね。オークションサイトで高騰するだけ…。まぁ、転売目的で限定版を入手する人達にとってはいい収入源なんだろうけどさ…。

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

2011年10月22日 (土)

たまにセ・リーグについて語ってみるか。

ここ3年ほど、セ・リーグの試合はほとんど見なくなってしまった。本格的にファイターズの応援を始めた2007年は、スワローズとファイターズのほとんどの試合を見ていたので、セ・パ両方かなり詳しかったんだけどね…。スワローズからファイターズへ完全移行していった経緯については後程。今日は、いろいろ聞こえてくる横浜売却問題なんかについてちょっと語ってみたいと思います。最初は…

セ界のナベツネ激怒!「二度と野球界の問題についてはしゃべらんからそのつもりでいてくれ」

素晴らしいよナベツネさんhappy02。その言葉を待ってました。チームには紳士たれと身だしなみを整えろと厳しいわりには自身の言動については、わがままし放題に育った幼児のようなメンタリティーそのものの…。あなたに野球界は振り回されてるんですよ。あなたが黙ってくれれば、球界の平和に一歩近づくってもんですhappy02

もっとも…3日黙っていられれば立派なもんですがね…smile(すぐにちょっかい出したくなるに決まってる)。

ことの発端は、19日発刊の夕刊紙「日刊ゲンダイ」にて横浜売却問題に対する渡辺会長のコメントに対し「プロ野球は渡辺会長の私物じゃない」と報じたことらしいです。いいじゃないですか、思い切った記事に拍手を贈りますhappy02

その横浜売却問題、前述のナベツネさんが「DeNA」でいいんじゃないかと言うような発言もあり、ほぼそういう方向に向かっているのかな?と思っていたら、同社が運営するサイトの中に「出会い系」も含まれるということで、パ・リーグの数球団が反対に回ってるようですね。

そうこうしてるうちに、京急やミツウロコなどの地元企業がタッグを組んで、将来的には横浜ドーム建設も…なんて話も出てきたようですね。横浜市長も歓迎のコメントを出していますね。

私個人的には、ベイスターズの経営再建には横浜ではダメだと思っています。かねてから、スワローズやベイスターズはプロ野球空白地で旗揚げするのがいいと思っています。
やはり競合する地区に球団が存在すると、結局は人気球団には太刀打ちできない。プロ野球ファンの絶対数の底上げと言っても限界があるんですよね。年に数試合開催されている、「松山」や「倉敷」「長野」など、立派な球場を有していてプロ野球を心待ちにしているファンのところで再生すればきっと成功すると思うんですよ。

「地域密着」でパ・リーグが集客力に成功していますが、それはやっぱり地方だから…他にチームが無いっていうのは大きいんですよ。もちろん、パ・リーグ球団が地域に愛されるべく努力しているのも事実です。魅力あるチームつくり、地域上げての応援体制が確立されてきてますからね。

この「地域密着」を打ち出し失敗した例が、古田がヤクルト兼任監督時代に立ち上げた「Fプロジェクト」。古田が連れてきた経営コンサルタントとタッグを組んで運営されていたが、結局うまくいきませんでしたね…。
球団経営で「地域密着」は当たり前…でも地域性が無視出来ないのは確かです。首都圏はいろいろな地方からの出身者で成り立っています。そこに、地元東京の…横浜のチームだから応援してと呼びかけても愛着は持てないでしょう?。
この年、「ヤクルトスワローズ」が「東京ヤクルトスワローズ」と改名しました。地方のファンである私にとってはもの凄く疎外感を感じました。古田宛てにメーッセージも送りました、でもなんかファンを置き去りにどんどん突き進んでいく感じでしたね。今でも、古田は最高のプレーヤーだったと思ってます。でも、球団経営に関わる面では評価出来ません。

球団自体が移転してしまったファイターズの東京時代からのファンから見れば、名前が変わったくらいでなんだよ…と思われても仕方ない狭量ぶりですけどね。でも、スワローズから気持ちが離れかけたきっかけとなったことは間違いありません。

でも、このときのスワローズにやって欲しかったことは「地域密着」よりも「全国展開」。スワローズにはフジサンケイグループとメディアの後ろ盾もある。親会社であるヤクルトの全国販売網だって持っている。

我が家にも販売に来ているヤクルトレディー、実はスワローズの広報誌のようなものも持って歩いているんですよ。でも、北海道ではファイターズだからと積極的に配布してませんでした。スワローズが好きだと言うとやっと出してくれるんですよね。
ヤクルトレディーを使った応援キャンペーンのような企画だってやれない事は無かった。

サンケイスポーツだって、スワローズをバンバン1面で扱えばいいんですよ。

ヤクルトの主催試合の中継だって、衛星放送だけでなく地上波で流すくらいの応援体制だってやれなくは無いはずだ。結局は対巨人戦のときしか中継しない、巨人依存からの脱却が出来ないから、前述のような渡辺会長の専横を許すことにもなってるんだよね。
しかし、仮にヤクルトと横浜の試合を全国中継しても、動員が物語るように全く数字が取れないであろう…やりたくても出来ない現実がそこにあるんだよね。

そこで、地方進出なんですよ。特にヤクルトは松山での主催試合も行っている。四国は野球王国、プロ野球チームが進出してきたら大歓迎してくれるはずだ。そこで、ローカル局とも連携していけば初めて地域密着のチーム作りが出来るってもんです。

だいぶヤクルトに話が逸れてしまいましたが横浜に話を戻すと、市長(確か前市長も)がベイスターズの横浜残留を強く望んでいるようですが、はっきり言ってベイスターズのためになにか出来るのかな?
それは、地元に熱烈なファンがいるのはどこのチームでも同じです。そのファンにとっては横浜からいなくなってしまうことは辛いことでしょう。でも、親会社が変わっても今のままなら、経営状態が上向くとは考えられない。

まずは、長期に渡って球団を保有できること、人気球団へと変わっていくことが大事なんじゃないかな?

そんな意味では、個人的に「DeNA」の保有は賛成です。問題となってるのが「出会い系」なら止めさせればいい。
今、ゲーム市場も大きく変貌しています。スマホの普及で携帯ゲーム機の需要が大きく落ち込んできています。任天堂が3DSを1万円値下げという思い切った策に出ざるを得なかったのもこんな背景があるのです。でも、ゲーム人口が減ってるわけでは無いんですよね。専用のゲーム機から、高機能のスマホなどに置き換わっているだけですから。
そこで、モバゲーの将来性を考えるとまだまだ伸びしろがあるでしょう。

モバゲー…私もどんなもんか登録してみました。「ガンダムロワイヤル」ってやつね。でも、確かに登録無料だけど、すぐに課金しなければ遊べなくなってしまったのでバカらしくてやめてしまいました。まぁ、すべてが万人受けする訳で無い事も確かですけどねcoldsweats01

成長企業が長期で球団を保有して、しかもプロ野球空白地で再起を図ったら…大いに成功の可能性を感じるんですが、いかがでしょう?

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

2011年10月20日 (木)

終わったと思ったら…

ホーム最終戦翌日、半休を取りもう一つの戦いCSチケット争奪戦に参戦してました。嫁と携帯2台とPC使って、家族分と仲間の分のチケットも無事確保happy02。すべてレフトとはいかなかったけど、希望の外野を買うことが出来ました。やっぱり、値段もさる事ながら外野が好き。
今日、すべてのチケットを札幌ドームで発券してきました。平日は、総合案内所が5時、発券機も6時で終了してしまうので、発券予定の方はご注意を…(ドームの駐車場はイベント無い日なら発券したチケット見せれば無料になりますよ)。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて、前回ブログ更新したとき、後任監督もダルの件もポストシーズン終えてから…なんて行っていた矢先に新聞の1面でしたねぇ…gawk

あの時点で一切後任監督の話題が報じられることは無かったので、ある意味球団側で抑えていたんでしょうね…でも、それもホーム最終戦を終えるまでが限界だったようで…。
報道する側もそれがお仕事ですから、他社に先駆けた話題で部数を稼ぎたいのも事実でしょう(実際、新聞買ってしまった)。
しかし、どうせ抑えが効かないならホーム最終戦、あるいはレギュラーシーズンを終えた段階で発表に踏み切ってくれても良かったなぁと思うんですよね。

坪井さんが戦力外を知ったのも球団からより先にニュースで知ったとブログで語ってました。今回の後任監督(ほぼ)内定の報道も、現場では球団からより先にニュースで知るところとなってしまいます。どうせ知ることになるなら、球団から正式に発表して欲しいよね。

もちろんシーズンがすべて終わってからというのが理想ではあるんですが、それは報道も抑えが効いていればこそなんですよね。

まぁ、この報道で一つ良かったことがあるとすれば、コーチ陣がほぼ留任であるということ。少なくとも、今シーズン残りを戦う上ではコーチ陣も安心して仕事に専念出来ます。
やっぱり人間ですからねぇ。いくら今球団との契約が残っているとはいえ、自分の進退が定まってないとモチベーションも上がらないですよ。ヒルマン退任時はシーズン最後まで戦い抜いた挙句に解雇され、行き先も無いなんてゴタゴタもありましたから…(大半のチームが組閣を終えてる時期ですからね)。

本来、監督変われば自分が指揮を執りやすいように腹心を配するもんです。でも、監督初就任の栗山氏にそういった人脈があるかどうかわかりませんしね。

指導者経験の無い人物を最高指揮官に抜擢すること…、リスクが高いことは間違いない。でも、逆に変なしがらみが無い分、期待感もある。栗山氏に白羽の矢が立った要因の一つに、親会社が食品を扱うメーカーであり、爽やかなイメージがピッタリだということも伝えられている。

栗山氏が爽やかなイメージだけで終わらず、名将が誕生する瞬間を見られるよう祈ります。チームのためにも、ファンのためにもね。

ファイターズは、指導者経験の無い監督を迎えたとしても、「現場も知らないでいきなり出来るもんか」と構える事は無いと思います。「よし、若い監督を盛り立てていこうじゃないか」そういういい方向に向かうと信じます。

栗山氏は病気のため29歳という若さで現役を退きましたが、現役時代はゴールデングラブを獲得したり、犠打の記録も持っていると聞きます。自身のプレイスタイルとファイターズのスタイルは合致すると思うんですよね。まぁ、自身のプレイと目指す野球感が同じとは限らないのでなんとも言えないところですが…。
でも、栗山氏がどんな野球を目指して、どんなチームをつくっていきたいのか興味もありますし楽しみでもありますhappy01

まぁ、正式発表の無い状態で先走っても仕方ないんですけどね。でも、後任監督人事に関しては結構信憑性が高いと、自分は思っています。
少なくとも、梨田監督の退任報道と共に後任として名前の上がっていた栗山氏。ほぼ、報知が得ていた初期情報と合致しますね。かなり、深い部分まで取材が入り込んでいたんだなぁ。この時点での梨田監督退任は、球団が契約を更新する意向が無いと伝えられてましたね。

結局、公式発表されたことがすべてということになるんですけど、監督が今期限りと言った退任の意向もあるいは球団から要請されて…?なんて思わないでもないです。
あるいは、水面下で阪神との交渉が進んでいたのではなんて可能性も浮かんできたりもします。まぁ、想像のお話ですけどねcoldsweats01

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて、監督問題の先走った報道は的を得ていましたが、逆に信用性が低いのがダルビッシュのメジャー挑戦報道。

毎年のことではありますが、オーナー側からダルビッシュが望むなら希望を叶えたいなんて報じられる(来期も戦力として考えているがと前置きされてはいたが…)。
これも、本人に直接ではなくメディア経由で伝えられる訳ですよね。先月のことです。

こういうのを聞くと、球団はダルビッシュをメージャーに売りたいのかな?って、ファンは思う訳ですよ(あるいはダルビッシュ本人も)。
少なくとも、ダルビッシュがメジャーへの憧れを語っているのを聞いたことが無い。むしろ、皆がメジャーメジャー言うのに反発するがごとき発言の方なら聞いたことがある。

育成とスカウティングで戦い、去るもの追わずの方針はいいんですよ。でも、本人が口にしてもいないことに関して、誘導していくがごとき言動はあまり好ましくないよなぁ。ダルビッシュが選ぶ選択肢をどんどん狭めていってるようで…。だから、交渉の席で「僕を追い出したいんですか?」なんていう言葉も出てくるんだよね。

それでも、今期最終戦を終えた翌日には、オーナーがダルビッシュが残留してくれるなら10億出してもいいなんて伝えられた。あまり金銭に執着があるとは思えないダルビッシュでも球団が戦力として必要だから、来期もプレイして欲しいと誠意を見せてくれたことに、ファンも少し胸を撫で下ろすhappy01

しかし、一転翌日には「ダルビッシュメジャー挑戦を決意!」と、バーンと出る訳ですよ…gawk
まぁ、これはツイッター上ですぐに本人から根拠の無い話であると伝えられました。夕方にはブログのほうにもね。結構、報道に対して辛口のコメントではあります。でも、嫌味の一つも言ってやりたくなるよなぁpout

ただ、毎年の騒ぎにうんざりしているのもうかがえる。メジャーに行ってしまえばそんなわずわらしさからも解放されるなんて結論に達しないことを祈ります。

少なくとも、ダルビッシュに関してはツイッターかブログで本人が言わない限りは信じない。それが、精神衛生上良いと思いますcoldsweats01。いちいち反応してたら身がもたんわ…。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

ダルビッシュオフィシャルブログ「メジャー報道」
↓ ↓ ↓
http://ameblo.jp/darvish-yu-blog/entry-11052556623.html

2011年10月17日 (月)

ホーム最終戦を終えて…

今日はCS1stステージのチケットファンクラブ先行発売日です。半休取ったのでじっくりチャレンジしたいと思います。

昨日ホーム最終戦を終えました。例年以上に寂しい気分になったのは私だけでしょうか…?
いつもなら、1年間戦い抜いたチームへの感謝だったり、この先の戦いに向けた高揚感なんかも感じる訳ですが、なにか「シーズンを終えた」感が強いです。また、CSが近づいてくれば違った感覚になってくるとは思うんですけどね…。

久々の満員に埋まった札幌ドーム…しかし、そこにはほとんど主力を欠いたスタメンがあった。順位が確定し、怪我人の治療も優先させなければならない、来期の契約に向けて外国人選手に最後のチャンスを与えなければならない…等々、様々な制約の中でのスタメンであったことは、もちろん理解出来る、理解は出来るが、せめて最初だけでも、主力選手の名前を見たかったな(1打席で交代したっていい)。

詰め掛けた4万人のファンがほとんど、セレモニーに参加して帰ったことを考えると、まぁ、それを見に来たと言ってもいいかもしれない。しかし、あらかじめこのメンバーで試合しますと告知したら、完売しただろうか…?。ちょっと、釣った魚にエサはやらない的な感じですよね。ホーム最終戦とは言え、1/144…しかも消化試合と考えれば別段不思議では無いんだけど、オープン戦見に来た訳じゃないからね。レギュラーシーズンの1試合ですから。

しかしながら、チャンスをもらったヤングファイターズは善戦しました。言ってみればイースタンでチャンピオンになった選手達ですからね。せっかく与えられたチャンスに奮い立ったことでしょう。札幌ドームのしかも満員の観衆の中での試合を経験するチャンスなんてめったに無いですからね。いつか、実力でその座を勝ち取って欲しいもんです。

特にバッテリーの活躍は、来季に向けて明るい材料であると思えます。田中将大相手に、よく渡り合ったもんです。渡部捕手も、上に鶴岡、大野がいてさらに今成がチャンスを与えられてる姿を見てモチベーション的にはキツイと思う。それでも、この1軍の舞台で若い中村をリードし、肩も披露出来たのを見ると「渡部、やるじゃん」と思いましたよ。

しかし、善戦が精一杯でしたね。1軍の主力が出場しても勝てるかわからない投手ですからね田中は。初回から、かなり高みから見下ろされてるようなピッチングには見えましたね。でも、得点圏に送った2度のチャンスをものにしていれば大金星も有り得たかもしれないな。

セレモニーでは、監督の挨拶の後に選手会副会長の鶴岡選手のあいさつがあり、なんか和みましたね。挨拶を終えたチームに、エールを送った瞬間、やっと最終戦らしい感動がこみ上げてきた。チームにも想いは通じた気がします。

これからCSに向けてですが、ファンにとっては時期監督問題、ダルビッシュのポスティング移籍問題など気になることも多いですね…。ストーブリーグは、全てが終わってからにして欲しいもんです。監督の退任会見以来、時期監督問題が表面に出てこないところは、球団もいろいろ配慮しているんでしょうね。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

2011年10月16日 (日)

ラス前だったんですが…

レギュラーシーズンも残り3試合、ホームは2試合。ホーム観戦組にとっては実質ラス前となった昨日の試合。出足は空席も目立ったが、最終的には2万8千人超え…でも、例年なら3万超えててもいいところなんですが、これがチームの勢いを物語ってるのかもしれないですね(あれだけ半額キャンペーンや無料チケット配布してたのに…)

スタメンには2位確定以降初めて「稲葉篤紀」の名前が…。足の不安から休養していても誰からも文句を言われるはずも無いところでしょうが、志願出場でしょうね。

試合は故障復帰のウルフ。初回、久々で乗り切れないところを攻められ1失点、内野ゴロの間の得点だけに仕方ない。ウルフは5回にタイムリーを浴びもう1点失うが、6回1/3を89球6安打と久々ながらまずまず…先発としては十分な働きでマウンドを降りる。

その後は、宮西、乾と継投していきますが、8回に乾はバルディリスに特大のホームランをレフトスタンドに叩き込まれてしまう…直前に吉井コーチが間を取りに来てたので勝負するかの意思確認も含めてだったと思うが、バッテリーに委ねたのだろう。さすがに、ショックの隠せない乾は続く代打森山に四球を与えてしまうが、赤田は三振とこの回投げきった。

9回はバッテリー交代で、マウンドには谷元。大野に代わり昇格した渡部がマスクを被った。先頭に四球、ヒットでノーアウト1,2塁のピンチとなるが、併殺と三振でなんとか凌いだ。

さて打線は…2回先頭の稲葉がセンター前へ飛ばし、野手が回りこむのを見て一気に2塁へ気迫のヘッドスライディング。稲葉の気迫に後続も応えたいところであったが…空回り。
中田は初球打ちがレフトフライ。ホフパワーの浅いセンターフライに稲葉はタッチアップを試みるがこれはタッチアウト…。それでも、稲葉の熱いプレイに大きな拍手が送られた。
出るからには手を抜くことは有り得ない、常に全力疾走の稲葉はDHながら最後まで打席に立ち続けた。熱い男ですね。

ハイライト終了

今期20度目の完封負けです…24個の完封勝ちがあるので、完封負け数が勝ち数を上回ることは無いですよ…ははは…。

今日はいよいよホーム最終戦。早いもんですね。最終戦不敗神話継続なるか…?
立ちはだかるは、楽天エース田中将大。対するは、若武者中村勝…まー君対決ですな。
ダルビッシュの最多勝のためにも田中に勝ちをつけないことは大きな援護となる。
頑張れ!ヤングまさる!!

最終戦の田中将大と言うと、坪井のサヨナラヒットを思い出すなぁ。直前の稲葉ジャンプに応えた稲葉も凄かったが…。あんな劇的な勝利をまた見たいですね。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

2011年10月15日 (土)

こんなに楽しくていいのかな…?

こんなに楽しくていいのかな…?。久しぶりのつながる打線に快感に酔いしれてました。

2位が確定したファイターズ。その時点で残り試合の勝敗も関係なく、故障の不安を抱えてる選手は休ませることが出来る…。CS進出決定してすぐに2位を確定できて本当に良かった。
しかし、わかってはいてもホークスとの最終戦はあまりにも力の差を見せ付けられる展開となってしまった…。ここで無理する必要は無いけれど、あまりにも失速した印象でリーグ戦を終了するのもCSに向けてどうなんだろう…?って思っていた矢先に、若手中心のオーダーで快勝出来たのは嬉しいですね。

昨日の試合、家に帰ってみてみるとオリックスの選手から緊張感が伝わってきました。少し前のファイターズもCS進出とホーム開催獲得にプレッシャーの中戦ってきたんだなぁとあらためて感じました。

オーダーは、先発ケッペルこそ1年間ローテを守り通してくれたものの前日同様にフレッシュなオーダー。1番に拳士、3番には陽岱鋼が入った。この2人が実にはつらつとしたプレイを見せてくれましたね。

前日5回にわたる得点圏のチャンスも1打が出ずに敗れ去った打線だが、昨日は初回から…1,2番があっさり打ち取られてしまったものの、陽はバットを折りながらもヒット、続く小谷野もレフト前へはじき返し「ランアンドヒット」の形でツーアウトながら1,3塁とすると、二岡のタイムリー内野安打とショート大引の悪送球で更に1,3塁。ここで終わらず中田もタイムリー♪。ツーアウトからでもしぶとくつないで得点する、良いときのファイターズの形が帰ってきた、それもこの若手中心のオーダーで!。

ドームへ到着して席についた4回の攻撃、先頭中田が四球で出塁するとスケさんがセンター前へはじき返す、この間に中田が一気に3塁へ、返球はきて無かったものの中田は気合いのヘッドスライディング。ノーアウト1,3塁のチャンスで相手先発中山をKO。スタンドのチャンステーマは久しぶりの「ワッショイ」、チキバン昇格でお蔵入りとなりかけていたワッショイですが、好きですねぇ。出来て良かったです。

♪敵の野手の間を抜く 気合いの決勝打~

鶴岡のFCを誘うセカンドへの当たり、マックのタイムリーツーベース、拳士のレフト前タイムリー。繋がる繋がるビッグイニングhappy02。久しく忘れかけていた連打の快感を打線と共に爆発させました。この後、拳士の牽制死と飯山打ち取られたが、3番陽が更にタイムリーでこの回一挙4点と前日のうっぷんを晴らすかのような展開。

打線は6回にも先頭鶴岡の振り逃げから、拳士タイムリーツーベース、陽タイムリーツーベースと若武者大暴れ。ハイタッチする周りもみんな笑顔、楽しすぎて少しウルっときた…この時点でちょっと壊れ気味になりましたねcoldsweats01

先発ケッペルは一方的な展開も緩むことなく、7イニングを投げて98球6安打1失点…イ・スンヨプにホームランを許したのみの好投で14勝目。

ヒーローはケッペルと拳士、陽もあげて欲しかったくらいだけどね。ケッペルは妹さんが来日、野球初観戦だったらしい…美人でしたよhappy02。ケッペルは条件さえ整えばCSでご両親も来日するらしい、助っ人選手にとって家族の来日は大きな力になりますからね。是非、実現して欲しいもんです。
拳士は「始めまして~」から始まり、元気な姿を披露。いいキャラクターしてるよね。

この日猛打賞の陽岱鋼、今シーズン完全にレギュラーとして頭角を現したね。三振数がホームランバッターのおかわり君と変わらないのは課題でしょうが、思い切りの良さは持ち味ではありますからね。むしろ、見逃し三振の方が目立つ気がする、カットする技術が上がれば3割打てる選手になるね。3番の陽はまたあらたな魅力を感じさせてくれました。

残り3試合、陽の20盗塁と中田の20本アーチは是非とも達成して欲しいな。今日の先発はウルフ、正直間に合うとは思わなかったので嬉しいですね。地下鉄で乗り合わせて以来、すっかりウルフが好きになりました。今日も頑張ってくれよ~happy02

さて、昨日はチャリティーCD「大空と大地の中で」も受け取ってきました(前日はすっかり忘れてたcoldsweats01)。選手の収録が行われたのが3連敗した楽天戦の最中、ファンの収録が3連敗したオリックス戦と、キツイ中ではありましたが、こうして快勝した日にあらためて聴くと…いいものが出来たなぁと思います。収録に参加出来て良かったですよ。今日のFFFFF見ても、メイキングDVD見ても選手達も楽しんでいたようだし、参加出来なかった人も是非購入して聴いて(見て)欲しいです。

さて、今日もこれから行って来ますhappy01

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

2011年10月12日 (水)

第一関門突破!

とりあえず、3位以上が確定しCS進出決定です!。ホーム開催権の2位まであと1勝となりました。そう、まだ1つ勝たなきゃいけないのになんとなくホッとした気分になっているのは確かです。でも、今日のヒーローインタビューを見て思ったけど、ファイターズはやっぱり穏やかな方がいいな…。

10/11…今日の先発はダルビッシュ、あるいはレギュラーシーズンでのホーム登板は最後になるかもしれない。そんな思いで、仕事を切り上げてドームに向かおうかとも考えたけど止めたcoldsweats01。いままで、仕事切り上げてドーム入りして勝った記憶が無いんだよね。そんな訳で、試合開始をラジオで聴きながらドームへ。

立ち上がりのダルビッシュ、と言うかCM明けにはすでに投げていたcoldsweats01。初球で先頭栗山を打ち取ると、原は三振、中島三振とこの回わずか2分半…えらいこっちゃ、と思いながらまだ車中。
ダルビッシュの調子と気力が充実してるのはラジオ越しにも伝わってきました。こんな時危ないのは、得点圏に進められ1打で失点してしまうこと…3回はちょっと嫌な予感がしました、なんせ、得点圏打率トップの栗山の前に得点圏に進められてしまったのだから…。それでもここを凌いだことで、今日はイケルなと感じました。

打線はその裏、ピンチの後のチャンスとなったが、拳士の併殺で終わってしまった。最近のゲーム運びからすると珍しくないよな…とちょっぴりネガwobbly

そうこうしてりうちにようやくドーム入り、バッチ交換済ませてスタンドへ。階段を上りきったところで大歓声が上がる、4回の糸井の打席だった。ホームラン打ったのかなと思ったが2塁打だった。急ぎ席へ、落ち着く間もなくメガホン取り出し応援開始。栄ちゃんは粘りに粘って11球もセンターフライ…。気を取り直してキャプテン稲葉、稲葉の打球は当たったとたんそれとわかる当たり♪、先制のツーランホームラ~ンhappy02

なんとこれが、稲葉の放った札幌ドーム通産50号!おめでとう!ありがとう!happy02

続く二岡は帆足に相性いいものの、ここは三振。しかし、続く中田翔の当たりも期待感十分の弾道でレフスタへ!。稲葉とのアベックホームランは、久々のバルーンゾーンに飛び込む当たりでした。これで、今日もチケット半額キャンペーン発動。中田もこれでチームトップの18号アーチ、ここまで来たら20本いって欲しいね。

援護点をもらった今日のダルビッシュ、もう相手の付け入る隙なんてありゃしない。
このダルビッシュの背中を見ながら感じました。ちまたで噂される、ポスティングでのメジャー移籍…でも、何故かわからないけど、来期もダルビッシュが札幌ドームのマウンドで投げてくれる…そんな気がした。願望の現われかもしれないけどね…。

圧巻のピッチングのダルビッシュ、9回はセーブ王争いもあるのであるいは久が出てくるのかなとも思いましたが、ここは完封をかけてマウンドへ。
先頭栗山はサードゴロ、難しい打球だったけど、栄ちゃんが軽快にさばく。続く原は三振。
そして、中島。中島には意地のストレート勝負、ここにきてリミッター外れたがごとく最速155kmを記録。しかし、ここはセカンドの頭上を越されてしまった。

この中島の打席から、ドームの中に拍手が沸きあがった。スリーボールでの拍手が始めて起こった時に似ている…誰からともなくぶわーっと。これが札幌ドームだなぁと思った。応援団に主導されるでも無く、あと1人コールも起きずに見守るファイターズファンだけど、こういう応援を見ると、やっぱり誇らしく感じる。

そして迎えたおかわり君中村、彼にはこの2日間いいようにやられてたからね。その中村から自己タイ記録の15個目の三振を奪って試合終了。ダルビッシュも雄叫びを上げたhappy02

ヒーローはもちろんダルビッシュ、そして先制ツーランのキャプテン稲葉。CS進出を決めたこともあり、和やかなムードだった。稲葉の笑顔も明るい…やっぱりこうじゃなくっちゃね。

ダルビッシュ、大野とのコンビについてふられると、開幕戦で大野と7失点した借りを返したかった…。そうか、いままで開幕戦以来その機会に恵まれてなかったもんね。正直、スタメン見たときは、最近の鶴ちゃんの打撃とリード面の安定ぶりから大丈夫かな?と思った。でも、2人で開幕戦のリベンジをするってことにはおおきな意義があるよね。こうしてさりげなく大野を立てるあたりが、ダルビッシュさすがだな。

そして、稲葉。本当にこんなに明るくテンション高い稲葉は久しぶり、見ているだけで嬉しくなった。そして、先制のツーランの話ではこちらは小谷野を立てる。「小谷野の栄ちゃんがなんとか塁を進めようと粘ってくれたことに報いたいと思った」最高ですよ!キャプテンhappy02

稲葉の言葉にこんなに弱いのに…という言葉があった。謙虚に現状を受け入れているんだね。強がりを通り越して過信してるより余程いい。ファイターズは大丈夫、CSに向けて上げていける…そんな気がした。

「先駆者」…築き上げたプライドは、次なる高みへ
「後継者」…受け継がれるプライドは、更なる高みへ

先駆者たるダルビッシュ、稲葉、金子…後継者たる糸井、中田、陽。スタメンそろい踏みの試合だった。そして、彼らの活躍ががっちりかみ合うとこんな好ゲームが出来るんだとあらためて感じた。

前日は、年間でも何試合あるかわからない酷い試合だった。でも、一転して今日は年間1試合あるか無いかの好ゲームを見ることが出来た。これだから、野球観戦はやめられない。

さて、FINAL GAMESにてTシャツも販売された「先駆者」と「後継者」、中堅どころはハブられちゃったねcoldsweats01。でも、ファイターズはこの中堅の薄さが泣き所であることは間違いない。編成上の都合もあろうが、漆喰となる中間層がいないんだよね。賢介が怪我で離脱すると、スタメンでは小谷野くらい。飯山も今年は出番増えたけど、レギュラーかと言われるとそこまでいけない…。

でも、中堅どころもTシャツ作ってフォローしてあげなよcoldsweats01。え~キャッチコピーは…

「受け流すプライドを、とりあえず高みへ」……いや、締まらんなcoldsweats01。中間って難しい。

賢介が復帰して、セカンドに入ってくれると、チームのムードもガラっと変わるんだけどね。
その賢介、今日の打席で初安打を放ったそうな。明日(12日)は、セカンドの守備にもつくそうです。1軍メンバーが宮崎で合流する頃には、実戦復帰の目途がきっと立ってるよね。

明日(12日)は、私にとっては観戦中休みだけど、チームは移動ゲーム。そして、勝てば2位確定の大事なゲーム。そんな大事な試合で先発し、2位を決めたのは斎藤佑樹、やっぱり持ってるねって言いたいね。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

2011年10月10日 (月)

2006年回顧と~解雇された元ハム選手

今日、試合前に流れたのは「2006年」のヒストリーフィルムでした。

ハーレーに乗り、ド派手な選手入場…。新庄の引退宣言と新庄のパフォーマンス、初の札幌ドーム満員。パ・リーグ1位通過と、パ・リーグ制覇。そして、日本一とパレード…。

今であればそのほとんどに直接かかわってきたであろう事も、この時点ではわずかに日本シリーズとパレードのみ…、このフィルム同様に映像としての記憶であることが残念。この年も勝てなくてもあいかわらずヤクルトファンでしたcoldsweats01
以前にも書いたことありますが、ファイターズを応援するきっかけになった年です。それは間違いない。

新庄が「札幌ドームを満員にしたい」と語っているのを見て、当時とても実現出来るとは思えませんでした。でも、新庄のパフォーマンスであったり引退するという話題性がその夢を実現する後押しになったことは間違いありません。今では、年に数試合は満員御礼の試合ありますからね(パフォーマンスなんかなくても)。

確か、夏場以降、我が家でも新庄の見納めと稲葉の応援に行こうかとファイターズ戦に足を運ぶようになりました。印象に残ってる試合は、パ・リーグの1位通過を決めた試合(当時は、1位チームが即優勝では無かった)。先発した武田勝の印象はあまり残っていませんがcoldsweats01、中継ぎ登板したダルビッシュの事は良く覚えています。短いイニングを全力で投げ込む姿…なにか進化した瞬間を見た気がしました。自分の中ではあの試合をきっかけにダルビッシュが大エースへと成長を始めた瞬間だったと思ってます。

その1位通過の興奮そのままに、プレイオフも見届けようかと思いましたが、その当時徹夜で並ぶ程の情熱がまだ無かったことも確かで、チケットは入手出来ず…自宅で応援してました(でも、それで良かったと思う。ずっと応援してきた人達にその権利はあろう)。

よく見る、プレイオフを制しパ・リーグチャンピオンになった瞬間。稲葉のセカンドゴロにガッツが滑り込んでセーフに、その瞬間に稀哲がサヨナラのホームを踏む…。あの年のルールで1位通過チームは1勝のアドバンテージが与えられる代わりに、後半戦は相手本拠地で試合しなければならないというものだった。結果的に、ホーム連勝で優勝を決めた勢いって凄いなと思った。

この年はエース金村の監督批判問題もありましたね。結局、謹慎の末ヒルマンと和解、日本シリーズのマウンドにも立ち勝利投手になりましたね。でも、この事件をきっかけに不釣合いなトレードでチームを去ることになってしまった。夕張への支援とか北海道にも貢献してくれた選手であったんですがね。
その金村も阪神退団後に所属していた独立リーグのチームからの退団が発表されています。ヒルマンのいなくなった今なら指導者として帰ってくるのもありですね。

いずれまとめて…と思ってましたが、回顧ついでに元ファイターズの戦力外通告に関して。
先日、「坪井選手」のオリックス退団が発表されましたが、横浜へトレード移籍した「稲田選手」と「松山投手」の戦力外も発表された…。1軍での登板が無かった松山投手はともかく、坪井も直人も思い入れの強いファンは多いでしょうね。

坪井さん、自身のブログでコメントをアップしています。坪井さん自身が球団から通告を受ける前に報道でその事実を知ってしまったこと…。今年の梨田監督退任報道もそうだけど、どこからか情報漏れるんですね。漏れると流れちゃう訳で…。坪井さんが、「選手の戦力外をニュースで知るようなシステムはアカン」と言ってますがもっともな話ですよ。
でも、坪井さんってホントにストイックだな。「ファームでの試合前後、練習前後、気持ちと身体の準備を1度も怠ったことはありませんでした…それだけは唯一自分を誇りに思えることです。」 凄いと思う。ファイターズ時代も入念にストレッチしてる坪井さんの姿を必ず見てたもんね。そして、1年間プレイしたオリックスに対する感謝も…。人間としても素晴らしい人ですね。
今後の進退に関しては未定のようです。最後に「野球人坪井智哉をヨロシク」 って締めくくってますが、きっとまだプレイにこだわって行くんだろうな…指導者として、ファイターズに帰ってきて欲しいという気持ちはあるけどね。

次に横浜の2人…、先日の鎌ヶ谷で胴上げが行われた練習試合…ここに、直人と稀哲が出場していたと聞きました…お前ら、ここにいる場合じゃ無いだろうと思ったが、その直後ですよ直人が戦力外通告されたのは。それを知った日の稲葉の打席…稲田直人の登場曲でしたね。彼に対するエールだったのでしょう。
直人のトレードが決まったとき、STVの番組でコーナーを持っていたこともあり、彼の壮行会が企画されました。そのとき当選し参加しているのですが、ゲストに登場したマックの言葉が印象的でしたね。「トレードはこの世界では当たり前のこと、これをチャンスと思わないと」とやや突き放すような印象の言葉。そうなんですよね、そのくらいの強い気持ちがないと生き残っていけないんですよね。

しかし、この時の3対3のトレード…結局両チームにとって実りのあるものだったとは言いがたい。強いて言うなら、生え抜きだと切りにくいから他球団に処遇を任す…そんな結果になっている。ファイターズに来たこの時の横浜組も現在の様子からだとボーダーでしょうね。その後の、江尻と石井に関しては成功と言っていいから一概に「失敗」とは言えないけれど…。

松山くんに関しても、当時吉井コーチのブログに翌年鍛え上げたいと思っていた選手の1人であったとコメントしている。横浜商業出身で、地元出身の選手をと求められて放出したのにねぇ。育て上げられないなら欲しいなんて言わなきゃいいのに…。

シーズン途中でも戦力外がこれだけ出ているし、終了時点ではまだ増えるでしょうね。そういう世界ですから仕方ないけど。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

ファイターズヒストリーミュージアム~その2

111008_161701111009_224601111009_224701この週末の西武戦から最終戦まで、「FAINAL GAMES」と題して戦われる。
秋の祭典ではビジターのビックユニが揺れていたが、今回はホームユニ。

そして、このFAINAL GAMESで売り出されたのがこのTシャツ。「先駆者Tシャツ」と、「後継者Tシャツ」セットで3000円。サイズはメンズ(L)とレディース(160)、サイズの組み合わせは自由です。
先駆者…には「金子」「稲葉」「ダルビッシュ」。後継者には「糸井」「中田」「陽岱鋼」。25歳のダルが先駆者に入ってるってのも…coldsweats01、まぁ、貫禄は十分ですけどね。

111009_125801昨日のスクラッチ、家族3人全滅でしたが、今日は当たりましたよ~(自分以外…)。上が「選手プロディースデー」の時の、下が今回のシリーズで当選者に配られたものです。まぁ、色違いですが結構いいですね・・どちらも。

今日の席は、息子が頑張り最前列をゲット!(帰りにハンバーグたかられたが…)、たまには最前列もいいもんです。

さて、今日は試合前のビジョンに「2005年」が上映されました。2005年…現在のファイターズにとって投打の中心選手が加入した年であります。そう、ダルビッシュと稲葉篤紀。
まだ、あどけなさの残る、ひょろっと背の高いルーキーピッチャー…今日先発した中村勝にも似た風貌(中村が埼玉のダルビッシュと言われていたのもなんとなくうなずける)。初先発で、完封目前…そこで2本の本塁打を浴び降板。そのときの笑顔がなんとも印象的だった。
そして、メジャー行きの夢を断念し新天地に活路を求めた稲葉。この年に1000本安打を記録した。この時点で稲葉が2000本安打を目前とするまで活躍してる姿をファンである私ですら想像出来なかった。この時の背番号「58」。
もうひとつ、生え抜きの田中幸雄が1000打点を記録したのもこの年です。
え~、この年…まだ自分は完全にヤクルトファンでしたcoldsweats01。稲葉の移籍を残念と思うと同時に、目の前で見られる北海道ならいいか…とも思ったもんです。懐かしいですね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

111009_123702111008_124701_2昨日に引き続き、ヒストリーミュージアムの会場です。3塁側から地下に降りると、札幌ドーム建設中の風景写真を見ることが出来ます(写真撮ってみたけど、地味だから掲載やめ)。

写真はヒーローインタビューと記者会見場…もちろんここで記念撮影することも可能ですhappy01

選手トルカに関しては、別の記事にまとめましたのでそちらを参照してください。

新聞の1面も写真撮ってみたけど、ライトが強すぎてちゃんと写りませんでした…

111009_123301111009_123701111009_123703イメージとしては左の写真のような年代別のゲートがあってその壁際に新聞の1面が並んでる感じです。

その向かい側には、選手のパネルがありここでも記念撮影出来たりしますね。

ちなみに、2004年のゲートの端に写ってるバットは、「ガッツ」小笠原道大のものです。

そして、昨日お話した階段の野球仕様変更の写真です。

111009_124402

111009_124602111009_124401サッカー用の芝生を運び出すシーンから始まるんですけどね。
広いから、人工芝を張る専用の車両もあるんですね。右端の写真はクレーンでホームランポール取り付けてるとこです。

111009_124501_3111009_124502_3111009_124503_2111009_124601 そして、マウンドですよ。マウンドがこんな風に格納されてるなんて知らなかった…(サンダーバードのBGMでお楽しみ下さい)。

とまぁ、2回に分けてお届けしました。ホントせっかくの機会なんで、ドームに足運ぶチャンスのある方は、早めにドーム入りしてじっくり眺めてみては…?。楽しめると思います。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今日も長いなぁ…長いよcoldsweats01。でも、試合回顧も。先発は中村勝、今年やっとめぐってきたチャンスです。初回先頭栗山に四球を与えると、執拗に牽制。かなりきわどいタイミングもあり、なかなか鋭い牽制だなと思った直後に…ボーク取られたcoldsweats01。先頭から力みすぎて、ランナーも気にしすぎてたね。見るからに緊張が伝わってきた。しかし、ここから原、中島を打ち取り、中村には三振と見事な立ち上がり。

対する菊池雄星も初回、糸井にヒットを許すも上々の立ち上がり。しかし、先手をとったのはファイターズ。2回、稲葉打ち取られワンアウトも、中田はピッチャー強襲の内野安打・・中田よく走った!。そして、今日久々スタメンのDH二岡。二岡は実に二岡らしい弾道でライトフェンス直撃のヒット。1アウト1,3塁で打席には「強打者」鶴岡慎也ですよhappy01。鶴ちゃん、期待に応え先制のタイムリーヒットnote。下位からの連打で得点…これはひょっとして久々のビッグイニングかなと思ったが…。続くマックは併殺打wobbly

打線は3回にもチャンス。先頭スケールズがライトへのヒットで激走!。2塁へ気迫のヘッドスライディング…しかし、このヘッスラ凄かったなぁcoldsweats01、滑り込むっていうか完全に宙に舞っていたもん。まるでそこにプールでもあるかのような見事なダイブhappy02。なんか、ツボに入ってしまった(笑)。ここで陽は送りバントで手堅く送るが、続く糸井の1,2塁間の当たりは好捕されてしまう…。おまけに本塁突入のスケさんはタッチアウトと拙攻となってしまった…、ゴロGOで十分間に合うタイミングだと思ったんだけどなぁ…。追加点のチャンスもものに出来ませんでした。

するとその裏、おかわり君に手痛い1発をくらってしまった。高い当たりで、失速するかと思われたが落ちてこず、中田も最初はフェンスを背に構えていたが、クッション処理に向きを変えたが打球はそのままレフスタ最前列へ…、やっぱりパワーあるよなぁ。

ピンチを背負いながらもヤングまさる君は、5イニングを86球3安打2四球自責点1と試合は作ってくれた。中村勝のピッチングを見ていて、やはりまだばらつきが目立つなと感じた。凄く伸びのあるストレートを投げたかと思えば、バランス崩してカウントを悪くする…。オープン戦で見た印象より荒削りな感じだったね。今年上げずにじっくりきたのもこの辺の課題を克服出来てないってことなんでしょうね。

中村のピッチングを見ていて武田勝のことを思い出した。先日のFFFFFで自身のピッチングを分析していたときのコメント。「腕の力を抜いて投げれるようになって変わった」と…力むとストレートも伸びないし変化球も落ちない。そういうことなのかと…この境地に達するまで武田勝も苦労してきたことは間違いない。でも、そのくらいじゃ無いと3年続けて2桁勝利出来るローテーション投手にはなれないんだね。頑張れ!「ヤンマサ」。

継投に移ったファイターズですが、終盤に凌ぎきれなかった。榊原が1回2/3、石井が一旦は後続を断ったが、イニングをまたいだところでランナー残して降板。続く増井は今日は踏ん張りきれなかった…。結局、ピンチのまま宮西に交代。宮西はセカンドゴロに打ち取ったものの、ランナーとスケールズが交錯する不運な当たりに…結局このイニング4失点とビックイニングにされてしまった。

しかし、意地を見せたいファイターズは代わったミンチェを攻め立てる。スケールズがヒットで出塁、陽倒れるも糸井がツーベースとなりワンアウト2,3塁。小谷野タイムリーでなおも1,3塁のチャンス。ここで、キャプテン稲葉だが、相手投手が星野に代わったところで、代打大野が送られた…。残念ではあったけど、星野の対稲葉の対戦成績考えるとやむを得ない、大野も期待に応えつないでくれたからね。1アウト満塁で中田と、期待感膨らんだが相手クローザー牧田の前に三振。ホフパワーもセカンドゴロと畳み掛けることが出来なかった。

今日は10安打放つも、肝心なところでつながらなかった…。今必要なのは、2桁安打より集中打だよね。1イニングに爆発してくれりゃ、あとは音なしだって構わないもん。

9回にもエラー絡みのランナーの生還を許し、ダメ押されてしまった。最終回の攻撃も三者凡退。まさに投打かみ合わずだね。これでCS進出確定おあずけも、3位オリックスも敗れたためにゲーム差は変わらずです。
明日は、前回好投を見せてくれた武田勝。明日はすっきり勝って、まずは3位以上を確定させちゃいましょ。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

2011年10月 9日 (日)

裏ワザ(?)選手トルカ増殖方(10/10改訂)

いろいろ、判明したことがあるので改訂致します。

端末からデータを受け取ったとき…前回、この時点で画像が特定されるといいましたが、間違いです。このダウンロード用の元データさえあれば、何回でもダウンロードにチャレンジすることが出来ます。昨日の実験ではたまたま私から送ったデータで私も妻もダルだったのでそう思ってしまいました。昨日からの変更点は以下の通り…

①取得したクーポンデータさえあれば、何回でもダウンロード出来る。

②取得したクーポンはメールだけでは無く、赤外線通信で送ることが出来る。(au⇔au→○、au⇔ドコモ→×…私が試した結果では、他の会社とのやりとりは出来ませんでした。赤外線同様、メールでもダメかもしれません)。確認済みなのは、au⇔auです、これも携帯からスマホだと出来るかどうかわかりません。

③ダウンロード出来る画像の種類→稲葉、稲葉シークレット、金子、金子シークレット、ダルビッシュ、ダルビッシュシークレットの6種類。推測ですが、FINAL GAMES前半(明日まで)が、「先駆者」グループのこの3人。木曜以降の後半は、「後継者」グループの糸井、中田、陽とそのシークレットの6種類になると思われます。

以上、auの環境で試した結果をまとめると…

①1度端末にアクセスしてクーポンデータを取得しておけば、コンプリート出来る。

②クーポンデータはau間では、メールと赤外線で送ることが可能。

③前半にダウンロードしたクーポンデータが後半も有効かは不明。

こんな感じでありますhappy01

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

現在、ファイターズ主催試合で行われている「ファイターズヒストリーミュージアム」その一角で配布されている「選手トルカ」…おサイフ携帯機能のある携帯電話を端末機にかざすと、ファイターズ選手の待ち受け画面がゲット出来る…というものです。

この待ち受け画像・・ダウンロードしても、メール添付や赤外線通信でも受け渡すことは出来ません。でも、ダウンロードするために取得した元データの受け渡しは可能なんです。
我が家は「au」ユーザー、私が「W64SA」妻が「CA007」で実験したものです。

まず、私が端末機から「auクーポン」として、選手トルカダウンロード用のクーポンを取得します。そして、そこから選手トルカをダウンロードし、データフォルダーに保管しました。通常はこれだけです。

そこで、私のこの待ち受け画像を妻に受け渡した手順を説明します。

①端末機に携帯をかざし、auクーポンを取得。

②データフォルダー一覧の中から「クーポンフォルダー」を呼び出し「クーポン」を選択そして、送りたい選手のクーポンをサブメニューを使って「Eメール添付」を選び、渡したい相手にメールを送信します。

③メールを受け取っても、そのまま添付画像からは「選手トルカ」をダウンロード出来ません。そこで、その画像データをデータフォルダーに保存します。

④次に、データフォルダー一覧から「クーポンフォルダー」を呼び出し「クーポン」を選択します。そして、「選手トルカ」をダウンロードし保存…という流れになります。

どの選手になるかは、端末から受け取った段階で決定するようです。つまり、ダルビッシュをダウンロード出来たクーポンを送れば相手もダルビッシュをゲットすることが出来るのです。クーポンの取得は何回でもチャレンジ出来ますが、ランダムなので数名で協力すればコンプリートしやすいでしょう。また、この時期ドームに来れない仲間に送ってあげることも可能です。

実はこれに気づいた時には、選手トルカを取得したクーポン削除した後だったんだよねcoldsweats01。今回、au同士でやりとりしましたが、恐らく他のメーカー(ドコモ、ソフトバンク)でも可能だと思うんですよね。ちなみに「auクーポン」に相当するサービスは…

ドコモ→「トルカ」(トルカとはおサイフケータイで取得できる電子カードで、チラシやレストランカード、クーポン券などの用途で利用出来る機能)

ソフトバンク→「トクトクポケット」

つまり、今回の「選手トルカ」ってのはドコモのサービス名からってことなんですね。

ちなみに、この「おサイフ携帯機能」の無い機種には、端末機の横にデータ取得のQRコードが表示されてるのでそちらを読み込んで空メール送信。そして、返信されてきたアドレスにアクセスすると、待ちうけ画像をダウンロード出来ます。おサイフ携帯機能の無い機種には上記の受け渡しは残念ながら出来ないと思われます。でも、返信されてきたメールを転送すればあるいは増殖出来るかもしれません(こちらは未確認でございます)。

今のところ私がダウンロードしたのは、「ダルビッシュ」「稲葉」「稲葉シークレット」「金子シークレット」の4つです。たぶん、糸井、中田、斎藤佑樹あたりはあると思うんだけどなぁ…プラスシークレットも(ちなみにクーポンはダルビッシュ以外消してしまいました)。

興味のある方は、自力でコンプするも良し、仲間と協力するも良し、試してみて下さい。

実際、本当に役立つ情報とも思えませんがcoldsweats01、こういった待ち受け画像を集めてる方はどうぞ参考になさって下さい。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

↑ポチッとな…bomb、ランキング参加中です。

2011年10月 8日 (土)

ファイターズヒストリーミュージアム~その1

今日からは西武4連戦、オリックスに勝ち越し勢いに乗って乗り込んで来たライオンズ。残り10試合…そして9連戦のスタートです。その10試合中、8試合を目の前で応援出来るっていうのは幸せですね~。そして、大きな後押しになると思います。

ここからファイナルゲームスとして、いろいろな企画も用意されてるようです。

111008_130001 その一つに「ファイターズヒストリーミュージアム」というのが、地下(募金とかやったとこ)で催されていて想像していた以上に良かったですね。

まずはペナント…今年はリーグ制覇の夢はついえてしまいましたが、まだまだCSに進出してリベンジするチャンスはあります。このペナントを1年間掲げて戦えるってのはやっぱり誇らしいですよね。

ペナントの向かい側には道新スポーツのファイターズが飾った1面がズラッと展示されてました。こんなこともあったっけ…と思い出しながら眺めてました。

でも、一番良かったのはヒストリーフィルムでしたね。2004年の移籍元年、ガッツが白い息を吐きながら「北海道を熱い大地に…」と語り、ホーム初戦を白星で飾ったことに始まり、昨年「諦める理由などない」を掲げて戦い抜くところまで…。いい構成だと思います。地下では全編見ることが出来ますが、試合前のビジョンでも少しずつ紹介していくようですよ。今日はその2004年でした。

111008_130102111008_130101_2 選手の愛用品なんかも展示されてましたね。

左が稲葉選手のバット・グローブ、次がセギノールと田中幸雄さんかな?。今回、写真は無いけど、賢介、小谷野、ダルビッシュのグッズも展示されてました。明日以降で余裕があればまたアップします。

あと、会場内には記者会見場やヒーローインタビューのついたても展示されていて、そこで記念撮影することも出来ます。

「お財布携帯機能」のある携帯電話(無ければQRコード読み込み)でゲット出来る待ちうけ画像「トルカ」…、1日1個かと思ったら何回でもチャレンジ出来るようです(と言うより出来たcoldsweats02)。
今日確認出来たのは、「ダルビッシュ」「稲葉」「金子(シークレット)」「稲葉(シークレット)」でした。あとは何回かやったけどダブっちゃった。いくつあるかわからないけど、明日以降もチャレンジしてみます。

地下へ降りる階段にも一仕掛け…、エレベーターを使わずに足を使うと、ドームが野球仕様からサッカー仕様になるシーンや客席の取り付け、そして、マウンドがせり上がってくる仕掛けなんかも写真で見ることが出来ます。これはまた明日以降に…。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて、試合ですが暦の上で3連休初日とこの好天で客足は鈍りがち…。半額キャンペーンのせいか指定席は比較的埋まってましたが、自由席はかなり空席が目立ちましたね。土日祝日はキッズ会員が多いのでむしろ自由席って埋まるんですけどね。

試合はケッペルがゴロを打たせる持ち味を存分に発揮した無四球ピッチング。7イニングを83球3安打と完璧な内容。コントロールに乱れが無かったので安心して見ていられました。

8回からは増井にスイッチ。この回はヒットを許している浅村からということで交代したらしい。このところ安定感を回復したかに思えた増井だが、いきなり四球を与え、送りバントの処理でボールが手に付かずにピンチ拡大…久々の「まっすー劇場」が開演してしまったcoldsweats02。それでも続く銀仁朗がスリーバント失敗し流れをつかむと、代打平尾をライトファウルフライ(陽のフェンスを恐れないファインプレイ)、怖い栗山もセカンドゴロとピンチを脱した。

この8回が勝負の明暗を分けたと言っていいだろう…ファイターズもミスをした、相手もミスをした、その後は粘りきれた。(試合後、銀仁朗が涙していたらしい…)

最後の久の前に打線のお話…。まぁ~まぁ~ぁ~あ、湿ってますわwobbly。2回、ワンアウト1,2塁のチャンスを活かせず。5回には1アウト1,3塁のチャンスでスケさんフルカウントからの三振でスタート切っていた今浪走塁死でゲッツー(チキバンあっと言う間に終了)。6回にようやくチャンスを活かせた、ワンアウトから糸井のセンター前ヒット、小谷野、稲葉が連続フォアボール。ここで先日アーチを放った中田翔、レフト前へはじき返し待望の先制点♪。
応援も「北の国から」から「ジンギスカン」にシフトし、更にチャンスでホフパワー。でも、結局併殺に終わり最小得点にとどまってしまった。それでもね、中田がタイムリーでこの投手戦で1点もぎ取れたことを良しとしましょう(もう2,3点は取れた展開だけどね)。

そして、守護神武田久ですよ。ワンアウトから中島にヒットを許したものの怖いおかわり君を注文通りの4-6-3のダブルプレイ。接戦を制しました…辛勝だったけどね。

これで、武田久はマイケル中村の持つ球団セーブ記録「102」を抜き、記録更新「103S」達成!おめでとう!happy02

そして、この完封リレーでシーズン最多完封勝利記録も当然更新。今シーズン「23」個目となりました~happy02

さて、明日はウルフの順番でしたが、抹消となっているので中村勝が今期初登板を迎えることとなりました。当初は吉川の名前も上がっていましたが、ちょっと体調崩したようで、宮崎のファーム日本選手権でスコアラーやってたみたいです。相手は同期の菊池雄星というのも楽しみですね~。実に楽しみな対戦です。

昨年のルーキーの中でも、増井と中村は昨年から光るものを感じてました。増井はセットアッパーとして頭角を現してますが、中村は高卒ということもあり、じっくり育てられてますね。今年はオープン戦でダルが登板回避して札幌ドームのマウンドに上がり好投しましたが、それ以来。ファン以上に本人も楽しみでしょうね。

頑張れ!ヤングまさるhappy02

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて、今日は宮崎でファーム日本選手権も行われました。なんと一発勝負です。相手は中日。

スタメン 1(指)西川、2(右)村田、3(三)市川、4(捕)渡部、5(中)松坂、6(左)谷口、7(二)荒張、8(一)浅沼、9(遊)中島、先発矢貫

1軍に杉谷、加藤が帯同していることもあり内野手不足、セカンドにキャッチャーの荒張、ファーストには外野手の浅沼が入っている。試合は初回から守備の乱れで失点。
矢貫は3イニングを3安打2失点(自責点0)、土屋は1回2/3を1失点、植村は1回1/3を1失点、その後、榎下、林、菊地は無失点。

打線は8回に2点、最終回にも1点と追い上げたものの及ばず。残念でした。
ファーム優勝に貢献した選手が今1軍に求められているというのも、ある意味喜ばしいことで、ファームの日本一よりも優先せれるのは仕方ないことです。でも、投手リレーは1軍で投げてもおかしくない顔ぶれですよね。
今、ファイターズが上位争いできるのも、ファームでの連続優勝メンバーが一軍に昇格してから…来期以降もファイターズの選手層はきっと厚くなってるはずです。楽しみにしたいですね。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

2011年10月 7日 (金)

佑樹で完封勝利記録更新!

111006_224401 今日と来週の木曜日はスーパーファンクラブデー。先着1万名のキーホルダー…、到着予定が1時間遅れたのでダメかと思ったけど間に合いました。久々にガチャポンしたら、こちらも稲葉。今日は稲葉デーだなと思ったら、稲葉の打席で追加点♪。打点は…やっぱりついてないよねcoldsweats01

「今日は残業するなよ(笑)」と言っていたのに、一番張り切っていたコが定時に上がれず…。まぁ、この間ファイターズ打線パーフェクトに押さえ込まれてたんだけどね。それでも、ドームの駐車場に入った時に陽が初ヒットで出塁♪。なんとか得点シーンには間に合いました(席にはたどり着いてなかったが…)。1時間ちょっとの観戦だったが、初のレフスタ観戦を楽しんでくれたようで良かったッスhappy02

先発の斎藤佑樹、初回こそ連打と四球で満塁のピンチを迎えたものの、凌ぎきった。ランナーを出しながらも抑えられるのが、今現在でも斎藤の非凡なところだと思う。
2回以降は安定したピッチング、7イニングを95球4安打1四球そしてなんと「8奪三振」と最高のピッチング。完投…完封も期待されたが、後続にマウンドを託した。

斎藤もこの時期じゃなければね…「完封してこい!」と、言われたかもしれないけどね。せっかくのチャンスで惜しかったが、お立ち台に増井、久と上がった姿を見て、やっぱりこれもいいよねと思った。この完封リレーで、チームのシーズン最多完封勝利記録を「22」と更新した。
武田久も今シーズン36S。そして、マイケル中村の持つ球団記録「102S」に並んだ。
奪三振も斎藤が「8」、増井が「1」、久も「1」と昨日に続いて、チケット半額キャンペーンに一役買いましたね。

斎藤佑樹も田中将大との投げ合い以来、なにか一回り大きくなった気がする。今のローテーション投手の中でも安定した内容のピッチングを見せてくれてると思う。
思えば初勝利を上げたときは、チームに勝たせてもらったなという印象が強かく、頼りなさもあったが、今日の勝利をみていると斎藤佑樹だから勝てた…佑ちゃんにチームが勝たせてもらったと思う。シーズン序盤に故障離脱があったものの、それ以外はよくローテーションを守り抜いたものだ。シーズン通して、実力で自分の居場所を作ったなという気がします。人気だけの男では無いねhappy01

111006_202801今日の勝利の花火…いつもと角度が違うのにお気づきでしょうか…?
どこで見ても勝利の花火は格別ですねhappy02

今日の観客動員数…昨日の半額キャンペーンとファンクラブデーにもかかわらず、この3日間で一番少なかったですね…sad(天気のせいかな)。それでも、試合としては十分に楽しめましたよ。

ちなみに、スーパーファンクラブデーの特別企画、「30000ポイント山分け」は7,496人で一人当たり「4」ポイント…一見凄そうだが、しょぼい企画だった…coldsweats01どうせ山分けするなら100倍出しやがれ!と言いたいとこですね。

さて、3位オリックスが西武に敗れたため、ゲーム差は3と開いた。しかし、この次はその勢い付いた西武相手なんだよねcoldsweats01。こちらもホームだし、いい形で連勝したいですね。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

2011年10月 4日 (火)

44日ぶりの勝利と賢介復帰へのシナリオ

111004_204301 久しぶりに札幌ドームで勝利の花火が鳴り響いた。
8/21以来…実に44日ぶりの札幌ドームの勝利だ!
札幌ドームでの連敗もワーストの9で止まりました。

リーグ優勝もソフトバンクに決まり、平日のナイトゲームということで客入りが心配されましたが、まずまずの1万7千人…。到着した時点では全体的に空席が目立つなという印象でしたが、私同様仕事が終わってから駆けつけた人も多かったみたいですね。

先発は武田勝、病み上がり以降なかなか調子の上がらないまさるさんだが、今日は今期でも1,2を争うくらいの出来だったと思う。

まさるさんは、4イニングを無四球のパーフェクト。これはひょっとして「ノーヒットノーラン」…あるいは「完全試合」でもやってしまうんじゃないかと言う期待感も膨らんだが、口にすると途切れるというので黙ってましたcoldsweats01。しかし、結局5回先頭のガルシアに初安打を許してしまいました。まぁ、回を重ねると守ってる方もプレッシャーになるので、この辺で途切れてよかったのかな…?。今は、勝つことが最優先ですから。

好調のまさる、このまま完投…あるいは久に直接つなぐとこまで投げるかなと思いましたが、6回2/3で降板。この時はちょっとドーム内にどよめきが起こりましたね。まぁ、結局榊原、増井、久の完封リレーで勝利を収めることが出来て何より…。

まさるは、75球2安打無四球の素晴らしい内容でした。ここにきて体調不良も完全に拭い去れたかな?。それと、ウルフの穴を吉川で…という話もありますが、あるいは武田勝を中4日でという構想なのかもしれない。残り試合数を考えると、安定したローテーション投手に多く登板してもらえればそれに越したことは無いですからね…。

武田久の姿を見たのも実に久しぶり…、前回は9/7の敗戦での調整登板ですから、勝利でとなるとこれまた44日ぶりですね。

さて、完封リレーで勝利したファイターズですが、これが今期21度目の完封勝利(最近完封負けの方が印象に残ってるが…sad)。これは東映フライヤーズ時代に記録して以来のタイ記録らしいですね。記録更新は間違いないっしょhappy01

ヒーローは先制のホームと、追加点を叩き出した陽岱鋼と先発武田勝。第一子となる娘さんが誕生したばかりの陽は、その話題を振られるとデレッデレの顔してましたねcoldsweats01
まさるはいつも通りに淡々とインタビューに答えてましたね。

明日はエースダルビッシュ。20勝到達のためにも、チームの2位死守にも負けられないですねhappy01。明日はスターシートを頂いたので、珍しく内野観戦です。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて、鎌ヶ谷での練習を再開している田中賢介。足の回復具合も実に順調なようです。
自身のブログで近況報告と共にクライマックスシリーズ第1ステージからの出場に意欲を見せています。

とりあえずは、10日からの宮崎フェニックスリーグでの実戦復帰。そして、10/29からのCS第1ステージからスタメン出場へ…。

頼もしいじゃないですか。この苦しい時期もキャプテン稲葉は奮闘してきたが、選手会長抜きは辛かったと思う。賢介の復帰はチームもファンも大いに士気が上がることになるだろう。

そして、賢介が第1ステージから出場するのなら…やっぱり札幌ドームで迎えたいよね。
満員の札幌ドームで賢介コールで迎え~たいhappy02

せ~のっ
\けんすけ~/

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

↑ポチッとな…bomb、ランキング参加中です。

賢介オフィシャルブログ
↓ ↓ ↓
http://blog.pakila.jp/kensuke/entry/detail/?id=3219&SESSID=8d8a9677eb59a22475f6b431d20c5221

2011年10月 2日 (日)

映画「はやぶさ/HAYABUSA」観て来ました

10/1は映画の日…仕事が半日で片付いたので、ファイターズ戦見て夕飯食べてから出かけてきました。

「探偵はBarにいる」も候補だったんですが、こちらは前売り券買ってあるんでわざわざ映画の日に行かなくてもいいかなと…(来週の試合の無い日に行く)。ちょうど、はやぶさは公開初日だったんですね。そこそこ席も埋まってました。

そもそも、私個人的にはそんなに宇宙開発に興味があった訳でも無く、むしろ妻の方が好きなんですよね。それでも、断片的に報じられていたことはなんとなく覚えてはいました。ロストしてしまった事や、再び連絡が回復したこと、地球に帰還してカプセルを回収できたことなどね…。

はやぶさに関しては、映画の前にテレビのドキュメントを見ました(妻が録画してたやつ)。はやぶさそのものに関しては今回の映画よりドキュメントの方が詳しかったですね。まぁ、それでも「イオンエンジンの仕組み」がどうとか、専門的な事はあんまり興味無かったですけどねcoldsweats01。印象に残っていたのは、地球に帰還しカプセルを切り離したはやぶさに行った最後のミッションの話…これは映画でも触れていました。

満身創痍の中、地球への帰還を果たした「惑星探査機はやぶさ」。目的であるイトカワから採取した鉱物を入れたカプセルを切り離す事に成功したはやぶさ…。3時間後には大気圏突入し燃え尽きる運命にある。そのはやぶさの最後のミッション…はやぶさに地球の姿を見せてやろうというものでした。

はっきり言えば、それがなんになるのって話です。人間のエゴ、自己満足なんじゃないかと…でも、それがいい。探査機に魂があるわけでは無いけれど、見守り続けた人達にとっては苦難を乗り越えて帰ってきた「はやぶさ」は息子のような存在だったのではないかと…。出来れば、大気圏に突入させることなく回収したいという思いもあったでしょう。はやぶさから送られてきた地球の写真…なんかいいよね。

今回の目標となった小惑星「1998SF36」には日本の宇宙開発・ロケット開発の父と呼ばれる糸川英夫博士の名前から「イトカワ」と正式に名づけられた。劇中に出てくる糸川博士のエピソードがとても印象に残ってる。糸川博士は「失敗」と言う言葉を使わずに「成果」という言葉を好んだと…。なんかいいことを聞いたなと思う、何事をするのでも無駄なんて無いって思えてきますね。

そして、あらためて日本の技術力の素晴らしさと情熱を感じることが出来ました。限られた予算、期限の中、最大の成果を引き出したプロジェクトチームに拍手を送りたい。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

映画サイト

↓ ↓ ↓

http://movies.foxjapan.com/hayabusa/index.html

「はやぶさ君の冒険日誌2010」

↓ ↓ ↓

http://www.isas.jaxa.jp/j/enterp/missions/hayabusa/fun/adv/index.shtml

応援ガイドを作ってみました。

今月6日の対楽天戦にて、会社の後輩3人を引率してレフスタ応援することのなりました。このうち2人は初レフスタなんですね~。応援歌覚えて応援してみたいと言うので、応援歌をまとめた応援ガイドを作ってみました。

↓ ↓ ↓

「fighters2011.doc」をダウンロード

Wordのファイルです。せっかく作ったので、これから応援歌を覚えたい方は活用して下さい。

別段宣伝したわけではないのですが、最近職場において私のドーム通いは広く知れ渡っているようですcoldsweats01。一緒に応援行くと楽しいよと言ってもらえると嬉しいもんですね。

反面、ファイターズファンだと認知されてると最近腹立たしいこともね…。まだ、応援仲間同士で「勝てないね…」「どうしたんだろうね」と言ってるうちはまだしも、無神経に「ハム弱いね」「どうしたのさ?」なんてわざわざ言ってくる輩も居るわけで…。「ははは…そうね、どうしたかね」なんて返してはいますが、内心「お前、普段興味無いくせに何言っていやがる…」と、ピキピキしたりしてる訳です。この前、ファイターズ DE ナイトを聴いてたら、やっぱりこずゑちゃんもこの手の話題を振られることがあるって言ってましたね。こずゑちゃんは何も言わずににっこり笑顔を返すと言ってましたが、たぶんこれが一番平和…。わかっていてもなかなかねぇ…coldsweats01

ためしに今度やってみるかな…?。いや、気味悪がられるのがオチですな…、まぁ、それはそれで近寄って来なくなるならいいかもしれんが…coldsweats01

さて、優勝チームも決まってしまい後ろにも追い上げられてるチーム状況で平日の客入りも心配ではありますね…。先週、急遽レフスタ購入したのに結構いい席が買えちゃったんだよね…。つまりあまり売れてないってことで…。昨年序盤の不振時はレフスタにぽっかり穴が空いているの見てやっぱり寂しかったですね。いっそ、バックスクリーン横のブロックも自由席開放してしまえと思ったほどですが…。

まぁ、今回せっかくファイターズ応援したいと意気込んでる後輩たちに、ファイターズ観戦の楽しさを感じてもらえるようにいっちょ頑張ってみますか!

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

2011年10月 1日 (土)

パ・リーグの覇者が決まったね…

今日、パ・リーグのペナントはソフトバンクホークスの優勝が決まった。私個人としては、日本一はもちろん素晴らしいが、1年間戦ってきた成果としてのリーグ優勝はもの凄く価値のあるものだと思っています。まずは、ホークス…秋山監督、ホークスファンの皆様、おめでとうございます。

8月までは我らがファイターズにも大いにチャンスがあったんですけどね。大きかったのは、福岡でダル、勝、ケッペルで三連敗してしまったこと…あそこから、雲行きが怪しくなったような気がします。

8月までの戦績を考えると、優勝の行方は10月までもつれ込むだろうと思っていたんですけどね。

相手にしてみて、今年のソフトバンクはいい補強をしましたね。最大は内川、同リーグから細川、カブレラを獲得したことも、相手の戦力を削ぐ上では有効だった。相手を上回る戦力を整えること…戦略としては王道です(好き嫌いは別として…)。むしろ、金かけて補強しても勝てるとは限らないのが野球の面白いところであるのですが…。つまり、補強して尚且つうまく起用することこそ難しい。その辺、秋山監督はうまくやりましたね。いたずらに補強しても、若手にとってはモチベーションが下がる原因ともなるし、生え抜きと移籍組に壁があっても機能しませんから…。

ホークスとファイターズの終盤での直接対決を見ていて差を感じたこと…「得点圏にランナーを進める貪欲さ」「得点圏にランナーを置いたときの得点力」どちらも及ばなかった。特に得点圏にランナーを進める貪欲さは、リードが大きくなっても緩むことが無かった…。

今、オリックスや西武も得点力が高いですね。夏場は投手力が落ちて、「打高投低」になるが、秋に涼しくなると投手が盛り返すと言われてます。しかし、止まんないですね( ̄Д ̄;;

上は決まりましたが、CS進出…ホーム開催権をめぐる戦いは激化してきます。消化試合となるよりは、スリリングでずっと面白いですがね。ファイターズもダルで連敗を止めてから勝ちがありませんが(1敗1分)、得点力は上がってきました。今日は中継ぎ陣もようやく復調気配かなぁ…という手応えは感じましたね。

月が替わってツキも変わったと信じたい…

幸い10月は連戦も移動の心配がほとんど無いのがありがたい…。リーグ制覇の目標は潰えましたが、次なる目標「2位でCSホーム開催」を勝ち取るべく頑張っていきましょう!。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

フォト

他のアカウント

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ