« 佑樹で完封勝利記録更新! | トップページ | 裏ワザ(?)選手トルカ増殖方(10/10改訂) »

2011年10月 8日 (土)

ファイターズヒストリーミュージアム~その1

今日からは西武4連戦、オリックスに勝ち越し勢いに乗って乗り込んで来たライオンズ。残り10試合…そして9連戦のスタートです。その10試合中、8試合を目の前で応援出来るっていうのは幸せですね~。そして、大きな後押しになると思います。

ここからファイナルゲームスとして、いろいろな企画も用意されてるようです。

111008_130001 その一つに「ファイターズヒストリーミュージアム」というのが、地下(募金とかやったとこ)で催されていて想像していた以上に良かったですね。

まずはペナント…今年はリーグ制覇の夢はついえてしまいましたが、まだまだCSに進出してリベンジするチャンスはあります。このペナントを1年間掲げて戦えるってのはやっぱり誇らしいですよね。

ペナントの向かい側には道新スポーツのファイターズが飾った1面がズラッと展示されてました。こんなこともあったっけ…と思い出しながら眺めてました。

でも、一番良かったのはヒストリーフィルムでしたね。2004年の移籍元年、ガッツが白い息を吐きながら「北海道を熱い大地に…」と語り、ホーム初戦を白星で飾ったことに始まり、昨年「諦める理由などない」を掲げて戦い抜くところまで…。いい構成だと思います。地下では全編見ることが出来ますが、試合前のビジョンでも少しずつ紹介していくようですよ。今日はその2004年でした。

111008_130102111008_130101_2 選手の愛用品なんかも展示されてましたね。

左が稲葉選手のバット・グローブ、次がセギノールと田中幸雄さんかな?。今回、写真は無いけど、賢介、小谷野、ダルビッシュのグッズも展示されてました。明日以降で余裕があればまたアップします。

あと、会場内には記者会見場やヒーローインタビューのついたても展示されていて、そこで記念撮影することも出来ます。

「お財布携帯機能」のある携帯電話(無ければQRコード読み込み)でゲット出来る待ちうけ画像「トルカ」…、1日1個かと思ったら何回でもチャレンジ出来るようです(と言うより出来たcoldsweats02)。
今日確認出来たのは、「ダルビッシュ」「稲葉」「金子(シークレット)」「稲葉(シークレット)」でした。あとは何回かやったけどダブっちゃった。いくつあるかわからないけど、明日以降もチャレンジしてみます。

地下へ降りる階段にも一仕掛け…、エレベーターを使わずに足を使うと、ドームが野球仕様からサッカー仕様になるシーンや客席の取り付け、そして、マウンドがせり上がってくる仕掛けなんかも写真で見ることが出来ます。これはまた明日以降に…。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて、試合ですが暦の上で3連休初日とこの好天で客足は鈍りがち…。半額キャンペーンのせいか指定席は比較的埋まってましたが、自由席はかなり空席が目立ちましたね。土日祝日はキッズ会員が多いのでむしろ自由席って埋まるんですけどね。

試合はケッペルがゴロを打たせる持ち味を存分に発揮した無四球ピッチング。7イニングを83球3安打と完璧な内容。コントロールに乱れが無かったので安心して見ていられました。

8回からは増井にスイッチ。この回はヒットを許している浅村からということで交代したらしい。このところ安定感を回復したかに思えた増井だが、いきなり四球を与え、送りバントの処理でボールが手に付かずにピンチ拡大…久々の「まっすー劇場」が開演してしまったcoldsweats02。それでも続く銀仁朗がスリーバント失敗し流れをつかむと、代打平尾をライトファウルフライ(陽のフェンスを恐れないファインプレイ)、怖い栗山もセカンドゴロとピンチを脱した。

この8回が勝負の明暗を分けたと言っていいだろう…ファイターズもミスをした、相手もミスをした、その後は粘りきれた。(試合後、銀仁朗が涙していたらしい…)

最後の久の前に打線のお話…。まぁ~まぁ~ぁ~あ、湿ってますわwobbly。2回、ワンアウト1,2塁のチャンスを活かせず。5回には1アウト1,3塁のチャンスでスケさんフルカウントからの三振でスタート切っていた今浪走塁死でゲッツー(チキバンあっと言う間に終了)。6回にようやくチャンスを活かせた、ワンアウトから糸井のセンター前ヒット、小谷野、稲葉が連続フォアボール。ここで先日アーチを放った中田翔、レフト前へはじき返し待望の先制点♪。
応援も「北の国から」から「ジンギスカン」にシフトし、更にチャンスでホフパワー。でも、結局併殺に終わり最小得点にとどまってしまった。それでもね、中田がタイムリーでこの投手戦で1点もぎ取れたことを良しとしましょう(もう2,3点は取れた展開だけどね)。

そして、守護神武田久ですよ。ワンアウトから中島にヒットを許したものの怖いおかわり君を注文通りの4-6-3のダブルプレイ。接戦を制しました…辛勝だったけどね。

これで、武田久はマイケル中村の持つ球団セーブ記録「102」を抜き、記録更新「103S」達成!おめでとう!happy02

そして、この完封リレーでシーズン最多完封勝利記録も当然更新。今シーズン「23」個目となりました~happy02

さて、明日はウルフの順番でしたが、抹消となっているので中村勝が今期初登板を迎えることとなりました。当初は吉川の名前も上がっていましたが、ちょっと体調崩したようで、宮崎のファーム日本選手権でスコアラーやってたみたいです。相手は同期の菊池雄星というのも楽しみですね~。実に楽しみな対戦です。

昨年のルーキーの中でも、増井と中村は昨年から光るものを感じてました。増井はセットアッパーとして頭角を現してますが、中村は高卒ということもあり、じっくり育てられてますね。今年はオープン戦でダルが登板回避して札幌ドームのマウンドに上がり好投しましたが、それ以来。ファン以上に本人も楽しみでしょうね。

頑張れ!ヤングまさるhappy02

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて、今日は宮崎でファーム日本選手権も行われました。なんと一発勝負です。相手は中日。

スタメン 1(指)西川、2(右)村田、3(三)市川、4(捕)渡部、5(中)松坂、6(左)谷口、7(二)荒張、8(一)浅沼、9(遊)中島、先発矢貫

1軍に杉谷、加藤が帯同していることもあり内野手不足、セカンドにキャッチャーの荒張、ファーストには外野手の浅沼が入っている。試合は初回から守備の乱れで失点。
矢貫は3イニングを3安打2失点(自責点0)、土屋は1回2/3を1失点、植村は1回1/3を1失点、その後、榎下、林、菊地は無失点。

打線は8回に2点、最終回にも1点と追い上げたものの及ばず。残念でした。
ファーム優勝に貢献した選手が今1軍に求められているというのも、ある意味喜ばしいことで、ファームの日本一よりも優先せれるのは仕方ないことです。でも、投手リレーは1軍で投げてもおかしくない顔ぶれですよね。
今、ファイターズが上位争いできるのも、ファームでの連続優勝メンバーが一軍に昇格してから…来期以降もファイターズの選手層はきっと厚くなってるはずです。楽しみにしたいですね。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

« 佑樹で完封勝利記録更新! | トップページ | 裏ワザ(?)選手トルカ増殖方(10/10改訂) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567768/52941689

この記事へのトラックバック一覧です: ファイターズヒストリーミュージアム~その1:

« 佑樹で完封勝利記録更新! | トップページ | 裏ワザ(?)選手トルカ増殖方(10/10改訂) »

フォト

他のアカウント

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ